2016年の花粉量予測|青汁での対策はお早めに

2016年の花粉量は?青汁の花粉症対策はお早めに

2015年ももうすぐ終わろうとしています。
世間はクリスマス気分が満開ですが、花粉症に悩まされているわたし達にとっては、2016年の花粉量が気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

結論から先に言ってしまうと、今年に比べると2016年の花粉の飛散量は若干少なくなる傾向にあるようです。

 

気象庁が、毎年10月には来年の花粉飛散量の予測データを公開するのですが、スギ花粉に限っては、8月〜10月末、11月頭までのスギの成長期の積算気温が一昨年よりは低かったため、2016年の花粉飛散量は少なめになると発表しています。

 

ちなみに関東から中部にかけては今年に比べると、およそ70%程度の飛散量になるのではないかという予測データが出ています。

 

しかしながら、関西以南では地域によっては今年の100〜150%という飛散量予測の場所もあり、少な目になると予測されている地域でも、雨が降った翌日に天気が晴れたり、春風が強く拭くような天気になると、花粉の飛散量が爆発的に増えるので、油断は禁物です。

 

もし、薬などに頼らない健康的な花粉症対策を考えておられるなら、青汁での予防策は早めに始める事をおすすめします。

 

2016年の花粉症対策は大丈夫ですか?

2016年の花粉量は?青汁の花粉症対策はお早めに

 

毎年の事ではありますが、スギ花粉症の方にとって地獄の期間である2月中旬から4月末までは、少しずつ温かくなって行きますし、風も強く吹きますよね。

 

そんな時期に自己免疫疾患でもある花粉症を抱えていると、花粉のせいで目はかゆくなるし、鼻づまりで頭は冴えなくなり、くしゃみも止まらなくなってしまいます。

 

かと言って点鼻薬や内服薬など、薬で即効性のある効果を求めると、副作用で眠くなったり、集中力が落ちてしまったり・・・

 

どちらにしても日常生活に支障が出るのは間違いありません。

 

このサイトでは、免疫力を向上させる青汁の効果を活かして花粉症対策をおすすめしていますが、青汁で花粉症対策には便秘解消であったりむくみ改善だったり、様々な副産物の効果が期待出来ます。

 

免疫力も高めて花粉症対策だけではなく病気予防も出来て、むくみや便秘の改善も出来てしまう健康的な対策は青汁がいちばんです。

 

ですが、青汁は薬ではありませんので、早めに飲み始めて身体の免疫力を花粉症の季節が来る前までに高めておく事が必要です。

 

2016年は全国平均でいうと平年並みの花粉量になるとの事ですから、これはチャンスかも知れません。

 

なぜなら、本当に青汁で花粉症対策の効果が出るのかどうかを試しながら、もし出ないようならマスクやメガネ、または薬などで応急処置的な対策を採りながら、少しずつでも健康的な免疫力を高めておけば、効果の持続が期待出来ます。

 

青汁で早めの花粉症対策を始めて見ませんか♪

 

2016年 花粉量 青汁 花粉症