食物アレルギーの改善に青汁はどう?大麦若葉はアレルゲンにならない?

このページでは、最近多くなっている食物アレルギーと青汁の関係についてご紹介します。

 

食物アレルギーはなってしまった本人でなければつらさが理解できないと思いますが、少しでも改善のお役にたつことができればと思います。

 

食物アレルギーの治療には、どうしても時間が掛かってしまうと言われていますよね。

 

幼少期から成長期のお子さんがなってしまうことが多いと言われている食物アレルギーですが、
治療中は除去食を食べながら、病院に通いつつ少しずつアレルゲン食材を食べて
アナフィラキシーショックが出てしまった場合には、薬で症状を抑えるという長い闘いを続けて行っておられるのではないでしょうか。

 

その間に栄養指導を受けながら、アレルゲン食材以外で必要な栄養バランスを満たせるように毎日の食事に本当に気を遣っておられるのは大変なことですよね。

 

ただし、そういった大変な食物アレルギーの治療中になによりも心配なのは、成長期に必要な栄養やミネラルが摂れるのかという点ではないでしょうか。

 

そこで、バランスの良い栄養補給におすすめなのが『緑汁』なんですよ。

 

なぜ、緑汁をおすすめするのかというと、藻類の原生生物であるミドリムシ(スピルリナなどと同じですね)を原材料に使っており、59種類の栄養素をバランス良く摂れるのが特長だからです。

 

食物アレルギーの除去食療法のための栄養補給に、まずはお試しパックから始めてみてはいかがでしょうか。

 

緑汁のお試し500円申し込みはこちら

食物アレルギー増加と青汁の効果について

 

成長期にはこれだけの栄養が必要

成長期に必要な栄養やミネラルは多岐にわたっています。

  • ビタミンB群
  • 鉄分
  • タンパク質
  • 亜鉛
  • 葉酸
  • ビタミンA
  • DHA・EPA

ここにご紹介したものが、主に成長期に必要な栄養素と言われているのですが、ビタミB群は新陳代謝を支える栄養素です。

 

また、葉酸とビタミンB12は、身体の成長に従って量が増えて行かなければならない血液を作る栄養素。

 

そして、鉄分は葉酸とビタミンB12で作られた血液の質が悪くなって貧血などにならないようにするためです。

 

ビタミンAは、肌や髪の毛、目などの健康を保つ働きがあります。

 

DHAやEPAは、アレルギーを予防する効果や記憶力を向上させたり、成長と共に増えた血液を活発に流させる働きがあります。

 

これらの栄養素は成長期に必要な栄養素の中でも重要度が高いものを挙げていますが、

 

このページでは、そんな食物アレルギーの改善法について、一緒に深く考えて行きたいと思います。

食物アレルギーの治し方

食物アレルギーの治し方は、どうしても長丁場になってしまうと言われています。

 

治し方のアプローチとしては次のような順序になります。

  • アレルゲン食材の特定
  • 特定できた食材を除いた除去食を食べる
  • アレルゲン食材を微量ずつ食べながら反応が出てしまった場合は薬で抑える
  • 除去食を食べつつ、不足する栄養を他の食材で補う

このような手順で少しずつ行っていくのが食物アレルギーの改善法なのですが、
基本的に、その間もずっと生活環境についてホコリやダニなどのハウスダストはできるだけ取り除くようにすることが大切です。

 

というのも、生活環境が起因してアレルゲン食材が増えてしまったり、食材は増えずとも
アレルギー症状がひどくなったりすることもあるからです。

 

また、食物アレルギーと戦っている間も、免疫力をあげる努力を続けることで
食物アレルギーを軽減できるという意見もあります。

 

まだ、子供がなってしまう食物アレルギーの原因が完全に解明されていないため
現在では少しでも食物アレルギーを軽減するために免疫力をあげるということが根拠になっています。

 

免疫力をあげる良い方法のひとつとして食物繊維と栄養バランスの良さで腸内フローラを改善する
青汁を家族全員で飲もうという方が増えているのも頷けますね。

 

ですが、小麦アレルギーを持っているお子さんがいる方は
“うちの子には青汁の大麦若葉や小麦若葉は大丈夫なの?”と心配になる方が多いと思います。

 

そこで、おすすめなのがケールや大麦若葉、小麦若葉などの食材を使っていない青汁です。

 

『マルベリー青汁』という国産(鹿児島県)の完全無農薬有機栽培の桑の葉100%の青汁です!

 

>>マルベリー青汁の詳細はこちら<<

 

ただし、アレルゲンに抵触しない範囲で、バランスよく栄養素を摂取する事や生活習慣の改善によって、
特にお子さんの食物アレルギーが少しずつ治っていくという報告も多くあり、

 

親としては、子供に除去食を作る手間や、
外食でもアレルゲンが入っていないメニューをチェックしてから注文するなど気を遣う事も多く起こって来ます。

 

食物アレルギー増加 青汁 効果

例えば、ファミリーレストランで、お子さんがハンバーグを食べたいと言っても、
この“ハンバーグはつなぎに小麦が使われているから食べられない・・・”といったような事を経験されていらっしゃる親御さんも多いでしょう。

 

しかも、同い年の子供に比べて背が小さかったり、運動が苦手になったりする我が子を見て心を痛めるのは親としては当然です。

 

しかしながら、青汁(もちろんアレルゲンを含んでいないものを選ぶ必要はありますが・・・)を飲んだり
生活習慣の中で、夜更かしをしないように改善したりといった事を注意する事で
少しずつ食物アレルギーが改善されていくという報告も多数あります。

 

大人になっても、悩む方が多い花粉症やハウスダストなど、その他のアレルギーなども含めて免疫力が養われれば改善出来る可能性が高い事は多くの方がご存じでしょう。

 

そういったアレルギー改善の効果の仕組みと青汁の関係について順に説明していきます。

 

お子様の食物アレルギー改善におすすめの青汁もご紹介しますので、最後まで読んでみて下さいね。

 

アレルギーはなぜ起こるの?

近年、花粉症や食物アレルギーなど様々なアレルギーが増加傾向にあります。

 

このアレルギーとは免疫機能に異常をきたしたためにおこる症状で、症状を起こす要素となるアレルゲンに自らの体を痛めつけてしまうほど強く反応してしまうことが原因です。

 

こういったアレルギーの増加は食生活の欧米化が原因とも言われています。
昔、野菜や魚が中心だった日本人の食生活ではアレルギーに悩まされる人はいなかったという説もあるんです。

 

これを裏付ける証拠として良く語られるのが、花粉症が現代人の特有の病気である事です。

 

魚や野菜などが中心だった日本の食文化が欧米化に伴い、脂肪分やたんぱく質を含んだものが多く取られるようになりました。

 

脂肪分やたんぱく質などを過剰摂取すると、花粉症も含めて、食物アレルギー症状を起こしやすくなると言われています。

 

こういったことでアレルギー体質になってしまった方には、青汁が効果があると今注目を集めています。

 

青汁は基本的に野菜の絞り汁の飲み物ですから、それを服用することによってたりなくなっている野菜をバランス良く摂取することができます。

 

中には、抗酸化作用がとても強力なSOD酵素という成分が摂取出来る青汁もあります。

 

SOD酵素が摂取出来る青汁の詳細はこちら

SOD酵素ってなに?

SOD酵素は、体内の免疫細胞が酸化劣化によって活動が鈍ってしまう事を防いでくれます。

 

SODというのは、活性酸素のことです。
その名前は、『スーパー・オキシド・ディスムターゼ』という名前の、それぞれの単語の頭文字をつなげた略語です。

 

活性酸素は、体内の免疫力や細胞の壊死(アポトーシス)に関わっていると言われる酸素のことで、非常に毒性が強く、活性酸素が身体を細胞レベルで傷つけてしまう事が老化や病気の原因と言われているのはご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

その、活性酸素を身体の中から退治してくれるのがSOD酵素なんですよ。

食物アレルギーの原因

現代人のわたし達に花粉症を始めとするアレルギー症状に悩む方が多いのは免疫機能が鈍くなっている事が原因である事は、
様々なTV番組などのメディアでも扱われているのでご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、SOD酵素が、体内で免疫機能向上に働いてくれるような条件を整えるためには、ビタミンA・C・E・B群などのバランスの良い摂取が必要なことは言うまでもありません。

 

ですが、豊富な種類の栄養素を“抜け・漏れ”がないようにバランスよく摂取する事は現代人の食生活では難しいと言われています。

 

近所のスーパーで販売されている野菜では、厚生労働省が推奨する野菜の摂取量の350gを満たしたとしても、完全なバランスの栄養摂取は難しいとも言われているんです。

 

そこを補ってくれるのが青汁というわけなんですね。

 

その結果体質改善につながり食物アレルギーやアトピー性皮膚炎なども改善されるという効果が期待できます。

 

なぜ青汁なのかと言いますと、過去に臨床実験も行われていて約7割の方にアレルギーや花粉症に対しての効果があったという結果もでているからなんです。

 

子供の食物アレルギーの改善と青汁の関係

食物アレルギーを患ってしまう方が急増している現代ですが、主に20歳以下のお子さんに多い症状と言われています。

 

もちろん重度の食物アレルギーに悩まされておられる方の場合は、
専門医の診断を受けて指示を仰いでから青汁を食生活に採り入れることをおすすめしますが、
特に小さなお子様に食物アレルギーを持っている方が多く、しかもある程度の年齢になると治まるという方が多くおられます。

 

というのも、小さいうちは、例えば小麦アレルギーなどに対して除去食を作ったり、
外食でも小麦が含まれていないメニューを頼んだり・・・と気を遣う事が多くても、
外で遊んだり、その他の食事でも栄養素を少しずつ補ったり出来ていく事が長い期間にわたって続けられる事で、
少しずつ免疫力が養われて、自然に食物アレルギーが改善されていくという例が多くあるからです。

 

青汁は、そんな食生活の改善を長く続けていくのにも助けになってくれます。

 

冒頭でも軽くご紹介しましたが、アレルゲンを含んでいない青汁を選ぶ必要はありますが、病院でアレルゲンを特定できれば、選ぶことは簡単です。

 

ただし、安心して頂きたいのは最近の青汁に比較的多く含まれている
大麦若葉や小麦若葉といった素材は、小麦アレルギーの方にとってのアレルゲンにはならないので安心して飲んで頂いて大丈夫です。

 

お子さんが好き嫌いが多い場合でも、バナナ味で美味しく飲める青汁もあります。

 

お子さんも大満足!バナナ味の青汁【こどもバナナ青汁】の詳細はこちら

こどもバナナ青汁

 

そして、お子さんの場合ならば、外で遊ぶようにさせてあげて下さい。

 

食物アレルギー増加と青汁の効果について

もちろん出来る範囲で良いのですが、
その理由は太陽光を浴びる事によって生成されるビタミンDにも免疫向上効果がある事がわかっているからです。

 

同じ学年の他の子供や一年下の子と比べても背が小さかったり、身体が弱くてかわいそう・・・
なんとかしてあげたいけど何か良い方法はないの?という方にとって青汁をしっかり選んで生活に採り入れる事は力になってくれるはずですよ♪

 

心置きなく、好きなものを食べさせたり、家族で食事に行った時に除去食のメニューなど考えなくても良くなるんですね♪