食物アレルギーのアレルゲンを確認する重要性

花粉症やアレルギー性鼻炎、またはアトピーなどの改善のために青汁を採り入れる方が増えています。

 

病院の薬や市販薬などで、免疫反応を抑えて、アレルギー症状である花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピーなど一時的に軽減する事は出来ます。

 

しかしながら、薬の効果が時間経過で薄まれば、またアレルギー症状に悩まされる事になるわけですから、青汁でアレルギー反応を根本的な改善を目指すのは当然と言えば当然です。

 

最近では、R-1ヨーグルトやヤクルトなど、ビフィズス菌や乳酸菌シロタ株などが含まれている飲料が手軽で毎日続けやすい事から人気になっていますが、それらをすでに始めていて問題のない方は良いのですが、これから始めようとする方は注意が必要なんです。

 

それは、『食物アレルギー』の存在です。

 

すでに花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピーなどの『自己免疫疾患』に悩まされている方は免疫機能が充分に機能していない可能性もあります。

 

安易に乳製品でアレルギー対策を行おうとする事で、これまでは姿を現さなかった食物アレルギーの可能性も絶対ないとは言い切れません。

 

もちろん、食物アレルギーを発症していないうちから、すべてにおいて神経質になり過ぎるのもストレスが溜まりますが、注意しておくに越したことはありません。

 

現在日本国内で、食物アレルギーのアレルゲン物質として、表示が義務付けられているのが、下記の7品目となります。

 

  • 小麦
  • そば
  • 落花生
  • えび
  • かに

 

冒頭で、登場した乳酸菌飲料などは、当然ながらアレルギー品目の『乳』が主成分です。

 

食物アレルギーの発症につながらないような選択肢で、花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピーなどの改善を考えるのも一つの選択肢ではないかと思います。

 

必ずその人にとってアレルゲンとなる成分が含まれている場合と含まれていない場合もどちらもあるのですが、絶対に含まれていないとは言い切れないので、確認が必要になってくるのです。

 

青汁は、植物性の栄養素を豊富にとることができるので、腸内環境を改善することができる効果があるのですが、アレルギー症状を持っている場合は、自分にとってのアレルゲン物質が青汁の中に含まれていないとは言い切れないのです。

 

ただし、アレルギー症状自体が、青汁を飲むことによって改善される腸内環境によってもたらされるものであることが、最近の研究でわかってきているので、慎重になる必要があるとはいっても、それらを確認する手間を掛けてでも、青汁を飲む価値は十分にあります。

 

そのためにも、自分にとってアレルゲンが何なのか。という部分は、病院で検査を受けることが、それを判明させることができる方法になるので、病院で検査を受けておくことお勧めします。

 

現代人の生活で、明らかに食生活に偏りがあって、その影響で腸内環境が悪化していることが、すでに事実としてわかっています。
青汁の力で、腸内環境が改善できることは明らかなので、価値があるんですね。

 

腸内細菌は、およそ1,000種類。その数は100兆個と言われているからです。
つまり、どの菌がたくさんあるから、このアレルギー症状が起こる。と言ったところまでは完全に解明できていない。というのが事実です。
しかし、青汁を取り入れることによって腸内の善玉菌を増やし、体内の循環を高めたり、代謝を促進させることができます。
これは事実なので、積極的に摂り入れることをおすすめします。

 

もちろん、これは腸内環境が改善されたことによって起こる変化で、排泄による毒素の排出作用が期待できるからです。
一旦、健康な腸内環境が実現できたら後はそれを維持するためにどうすれば良いのか。

 

これを維持するのがいちにちいっぱいの青汁であったり、ヨーグルトを食べる習慣であったりするわけです。
仕事などの影響で、なかなか規則正しい生活を送れない人や食事のバランスが乱れがちな人は、慢性的な悪い環境に陥っていると考えられます。

 

そのような人にとっては、青汁を取ることによって、腸内環境が改善されることがわかっているので、青汁はとても有効な健康対策ということができるでしょう。

 

ただし、だからといって短絡的に「青汁を飲めば良い」というものでは無いのです。アレルゲンが絶対に含まれていないとは言い切れないからなのですが、この点だけ、しっかり注意して青汁を飲む事は、5年後や10年後の自分の体調を左右すると言っても過言ではありません。