花粉症対策で青汁の効き目ってどう?他の方法との違いは?

花粉症対策をどのようにするべきか迷っておられる方に自分に最適な方法を選んで頂くための情報をまとめています。

 

花粉症対策といっても、いろいろな方法がありますよね。

 

  • マスクやメガネを使う
  • 市販薬のアレグラなどを使う
  • 花粉症専用の点眼薬や点鼻薬を使う
  • 自宅に花粉を持ち込まない

 

青汁以外での花粉症対策というとこれらの方法がありますよね。

 

しかしながら、青汁での花粉症対策の効き目は個人差があるものの、
先ほどのいくつかの対策に比べて無理なく続けられて副作用などを心配する必要がないという点がメリットです。

 

青汁では、毎日飲み続けることで手軽に野菜不足を解消できるため
ざっくりとした言い方にはなりますが、身体全体が健康的になるというのがうれしいところですね。

 

花粉症対策に青汁はどう良いの?

有名な健康食品や化粧品のメーカーであるファンケルの研究結果によると
ケールの青汁に含まれる「糖脂質」と「フラボノール配糖体」が花粉症対策に効果を期待出来る成分とされています。

 

糖脂質とは

糖脂質とは、名前の通り『糖を含んだ脂質』のことなのですが、鼻や目の粘膜細胞膜の安定化に効果的な成分です。
花粉症に対しての効き目の仕組みは、鼻水や涙の原因であるヒスタミンによる炎症を鎮めてくれる働きが期待できます。

フラボノール配糖体とは

フラボノール配糖体とは、身体の中にもともと存在する配糖体という形に変換されているポリフェノール類のことです。
有名なところでは、フラボノイドのひとつであるカテキンやケルセチンなどが挙げられます。

 

青汁花粉症対策に効き目が期待できる科学的な根拠は、上記の2つの成分によるものなんですが、具体的にはフラボノール配糖体には身体の免疫機能向上に密接な関係があり、花粉に対する過敏な免疫反応のアレルギー症状を鎮めてくれます。

 

もう一つの糖脂質には、既に起こっているアレルギー症状を和らげてくれる効果があり、これは免疫反応の制御に用いられる医療の現場でも定説となっているものです。

 

青汁の有効成分が、アレルギー反応の花粉症を予防してくれる働き既に起こってしまったアレルギー反応を和らげてくれる働きの両面からの効き目が期待できるんですね。