ケールの青汁が花粉症対策に効果的な理由

このサイトでも何回かご紹介させて頂きましたが、このページでは改めてケールの青汁花粉症対策に効果的な理由をご紹介します。

 

最近では比較的少なくなって来ましたが、青汁の主原料と言えばいちばな初めに有名になったのはキューサイの青汁で馴染み深いケールです。

 

ケールには、最近多くなってきた大麦若葉や明日葉などと違って成分の中にフラボノール配糖体と糖脂質が含まれています。

 

そもそも花粉症は、本来なら免疫機能からすれば無視できるまったく無害な存在であるスギやイネ科植物、ブタクサなどの花粉が鼻や口などから侵入してきた時に抗体を生成してしまい、次の侵入に備えてしまうという、ある意味免疫機能の勘違いから起こってしまうアレルギー反応なんです。

 

そういった免疫機能の勘違いを生じさせないためには、免疫機能の強化と正常化を同時に行わなければなりません。

 

それが、普通の食生活の中で自然に出来る方法が青汁なんですね。

 

一方で、花粉症も含めたアレルギー反応全般に言える事ですが、表面的に表れた症状はもともとの過剰反応が原因なのにも関わらず、病院などの診察で処方される薬は免疫機能によって産生されたヒスタミンの働き自体を抑えてしまう薬なので、花粉症やアレルギー反応を抑えるために免疫機能を阻止するという矛盾が生じてしまいます。

 

これは、明らかな薬の副作用とは違う側面の話なのですが、分かりやすい例を挙げると風邪を惹きやすくなってしまったり、同様なウィルスによって罹る病気全般を予防する力が低下してしまうんです。

 

抗ヒスタミン剤による副作用、例えば眠くなってしまうなども嫌な物である事に変りはありませんが、むしろ病気の予防力低下の方が懸念されるのです。

 

一方で、青汁での腸内環境の正常化は、それなりに時間が掛ってしまうので、抗ヒスタミン剤のように症状が現れた後に飲んで効く薬のような働きは持ち合わせていません。

 

しかし青汁での花粉症対策は、免疫機能の強化と正常化を腸内環境の向上(食物繊維や消化酵素の働き向上)によって行うので、免疫機能はむしろ強化される傾向です。

 

他の病気の予防にもつながるという事が言えますね。