青汁のアトピー改善効果について

青汁のアトピー改善効果について

このページではアトピー症状の改善に必要な栄養素や生活習慣、また青汁のアトピー性皮膚炎の改善効果についてご紹介したいと思います。

 

毎日かゆみが酷く、夜も眠れないほどになってしまったり、かきむしりで肌がボロボロになってしまうなど、アトピー性皮膚炎は本当につらい症状を伴います。

 

実は管理人の友人の女性がアトピー性皮膚炎を患っていて、その女性は、自分自身も辛いけど、子供にも遺伝してしまうのではないかと心配していました。

 

アトピー性皮膚炎が発症してしまう原因については、まだ完全に解明されていない部分が多いのですが、遺伝によるものも多いと言われているからです。

 

アトピーは、症状が重い方の場合、病院でステロイド剤の処方を受けて、症状の改善度合いを見ながら、薬を軽いものに切り替える必要もあります。

 

しかしながら、薬は確かに症状を改善させるのには役立ちますが、副作用の心配もありますし、ステロイド剤は免疫力じたいを抑えてしまうので、ニキビやカンジダなどの感染症に対して皮膚が弱くなってしまうという欠点があります。

 

そこで、副作用や反作用などのデメリットの心配なくアトピーを改善出来る可能性が高い、青汁のアトピー改善効果が注目されているんですね。

 

ですが、まずはアトピー性皮膚炎の原因からしっかり見て行きましょう!

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因が完全に解明されるには至っていませんが、いくつかのグループに分ける事が出来るところまで研究が進んでいます。

  • 角質層の酸化によるバリア機能の低下
  • ストレスや睡眠不足による自律神経の乱れ
  • 食生活や生活習慣による腸内環境の悪化
  • 免疫力の低下

これらが、複雑に絡み合っている場合や、なにかひとつの原因と体質の要因が重なり合ってアトピーが発症してしまう事がわかっています。

 

中でもB番目の腸内環境の悪化はC番目の免疫力の低下に直結してしまう事がいちばん大きなアトピーの原因と言われています。

 

実は、わたし達人間の身体の中で免疫細胞は腸内で作られていて、腸は『最大の免疫器官』と言われているんです。

 

アトピーで皮膚に湿疹や赤みが出たり炎症を起こしてしまう仕組みは、免疫力が低下している事によって、なんらかの直接的な引き金になるものと接触する事で低下した免疫機能が過剰反応を起こしてしまっているんです。

 

過剰反応は免疫力が強いから起こっているのではなく、免疫力が弱っているから起こってしまうんですよ。

 

アレルギー(花粉症もふくむ)の原因になる免疫のしくみの話

アトピー性皮膚炎を発症しやすい生活習慣

アトピーを改善するためには、薬に頼って一時的にでも症状を軽減してストレスを減らす事も大切な事です。

 

しかしながら、生活習慣の中にアトピーを発症しやすい条件を抱えてしまっていると、いつまでもステロイド剤や抗ヒスタミン薬などの薬に頼らなくてはいけなくなってしまいますし、免疫力を極端に弱くする事によって自己免疫疾患であるアトピーを抑えるという本末転倒的な改善方法に頼っていては永遠に根治に向かう事が出来ないという矛盾を抱えてしまいます。

 

先ほどのアトピーの原因をいくつかのグループに分けて説明しましたが、生活習慣の中にも免疫力を低下させてしまう要因があります。

  • 好き嫌いが多く野菜をたまにしか食べない
  • ゲームやスマホなどに夢中になり睡眠不足
  • 悩み事が多く考え込んでしまう性格

これらの要因根本的に改善する事によっても、即効性は低いながらも、しっかりアトピーが根治に向かう方法を探るのが良い方法でしょう。

 

アトピー改善には腸内環境を良くするのが効果的

基本的に食べ物の好き嫌いが多く、野菜が苦手な人は腸内環境の悪化を招きやすく、免疫力が低下しやすいので、アトピー性皮膚炎を発症しやすいと言えます。

 

腸内環境を改善する事は、免疫力向上に直結するので、アレルゲンに触れるような直接的な引き金にも負けない肌を作る事が出来ると言われています。

 

さらに、栄養バランスが取れている食生活は、肌の水分量保持や皮脂膜の質を向上させる効果があるので、基本的な肌質向上に効果的です。

 

免疫力向上ももちろん大切ですが、その一方で肌が外敵に負けないだけの力を持つようにする事もアトピー性皮膚炎の改善には欠かせません。

 

ですが、なかなか栄養バランスの取れた食生活を心がけるというのは、言葉でいうのは簡単ですが、実践するのはなかなか難しいのが実際のところでしょう。

 

好き嫌いについては我慢する事じたいがストレスにつながってしまう事も考えられますし、生活習慣を根底から変えるのはなかなか大変な事でもあります。

 

そこで、アトピー改善効果が期待出来る青汁を生活に採り入れてみるのは良い選択肢だと思います。

 

アトピー改善効果が期待出来る青汁は?

青汁と言っても、いろいろな種類があります。青汁の選び方もアトピー改善には意外と大切な要素なんです。

 

ケールの青汁は、糖脂質という成分が免疫細胞に働きかけてくれる効果が期待出来る事が研究で分かっていますが、その反面でケールを主原料に使っている青汁は味が苦味が強く、青臭いと感じる方も多く、生活習慣として続けにくいというデメリットがあります。

 

さらに抗酸化作用の高さによる肌じたいの水分保持力や強さの維持という面では、それほどの効果は期待出来ません。
やはり、続けやすい飲み味で、ケールの糖脂質の成分も含まれていて、抗酸化作用も高い酵素などが含まれている青汁がアトピー改善効果が総合的な効果の高さが期待出来ると言われています。

 

ですが、青汁のように野菜だけの栄養素よりももっと豊富な種類の栄養補給ができる選択肢のほうが良いというのはご存じでしたか?

 

日本国内では唯一アトピー性皮膚炎の改善に対して効果が期待できるということが示唆されている青汁があります。

 

それがユーグレナの緑汁なんです。

 

ユーグレナの緑汁のアトピー改善効果について

 

ユーグレナの緑汁は、海藻類のミドリムシと言うものが原料になっています。
そのミドリムシが持っているパラミロンと言う物質が、腸内環境の1番の乱れの原因である障壁にこびりついた汚れをしっかり落として行ってくれるんですね。
そうなると、どんなことが起こるかというとまず免疫力が上がります。

 

腸内環境がきれいになって腸内細菌が思う通りの活動ができるようになるからなんですけど、
さらにそこに拍車をかけるのは、緑汁は野菜だけではなくオメガ3脂肪酸などの普通の青汁では取ることができない豊富な59種類の栄養素が免疫力強化を助けるということなんです。

 

通常の花粉症の場合はむしろ腸内細菌のエサになるために野菜の繊維質が分解されたものが必要になるので、青汁のほうが花粉症の予防や改善には向いているのですが、アトピーの場合は肌細胞の成り立ちである動物性タンパク質を活かす栄養素が必要になるため、それには青汁は不向きということなんです。

 

普通の青汁は野菜からだけの栄養素ですのでどうしても地上にある栄養素だけに絞られてしまいます。
動物性タンパク質やそれらの油に含まれているdh影やEPAなどのオメガ3脂肪酸というのは動物性の栄養素ですからそういったものは取ることができないんですね。
ですがアトピーの場合は、同じ免疫機能の強化の中でもティーH2サイトカインと言う花粉症とはちょっと違う仕組みによってアトピー性皮膚炎が起こる原因となっています。

 

そのためには動物性タンパク質をちゃんと肌のターンオーバーサイクルの仕組みの中に組み込んで働くような形をとってあげないといけないですね。
そのためには動物性油脂でなおかつ抗酸化力が高いオメガ3脂肪酸が欠かせないということになるんです。