青汁でじんましんが治る?成分と効果から見るおすすめはコレ!

じんましん男の子

青汁でじんましんが治せる効果が期待できるというのはご存じでしょうか。
じんましんの原因は大きく分けて2つあり、アレルギー性のものと非アレルギー性のものがあります。

 

アレルギー性のものは食物アレルギーが原因になっているものもあり、これには根本的な免疫力強化と向上が必要で、
即効性はありませんが青汁で腸内環境を良くして行くことで改善が期待できると言えます。

 

もう一方の非アレルギー性のじんましんも、青汁の原料によっては身体の内側からスキンケアを期待できる成分で改善が期待できます。
このページでは、じんましんの改善と青汁の関係、そしておすすめの青汁をご紹介しながら、その根拠もご説明します。

青汁でじんましんが改善できる理由は?

先ほど冒頭から触れてきたとおり青汁はじんましんの改善が期待できます。
その理由はいくつかありますが、ざっくりまとめると次のようになります。

  • 野菜不足を補える
  • 食物繊維で腸内環境改善

じんましんは、食べ物のアレルギーで起こる症状というイメージをお持ちの方もおられると思いますが、
実はじんましんの原因は、食事で身体に入って来た栄養をちゃんと運べない酵素(タンパク質)の不足によって起こる症状でもあるんです。

 

ですが、子供のうちはどうしてもハンバーグやカレー、ラーメンなど好きな食べ物でないと食べなかったりします。

好き嫌いが多い子供の食事

こういった、食事の好き嫌いの激しさは、大人になってからもなかなか治らなかったりします。

 

もちろん、普段からのしつけで食事の好き嫌いを出来る限りなくすことも大切なのですが、それを完全に行うのは難しい事でもあります。

 

こういった悩みが改善出来る可能性があるのが青汁なんです。

じんましん対策の青汁はこれ!

しかしながら、青汁なら何でも良いというわけではありません。
出来るだけ種類の多い野菜を飲みやすいおいしさで毎日飲めるような青汁が必要です。

 

特にお子さんの場合は前述の通り、ちょっとした苦味や青臭さを感じてしまうと、二度と口にしなくなってしまいます。

 

そこで、おすすめなのが『こどもバナナ青汁』なんですよ。

こどもバナナ青汁画像

上の写真をご覧いただくのがいちばん分かりやすいのですが、こどもバナナ青汁の特徴は・・・

  • 13種類の野菜と6種類のフルーツが摂れる
  • バナナ味のジュースの風味
  • 60日間の返金保証がある

このような特徴があります。

 

好き嫌いが多いお子さんでも、おいしく飲めると評判で、じんましんの原因になる野菜不足による栄養バランスの偏りも補う助けになってくれるんですよ♪

 

毎月先着100名限定!初回980円
▽【こどもバナナ青汁】公式サイトはこちら▽

こどもバナナ青汁公式サイト

 

じんましんの原因は?

じんんましんは、肌が一時的に赤く腫れあがってかゆみが止まらなくなる自己免疫疾患のひとつです。

 

名前の由来は、イラクサ(蕁麻の葉)に触れた時に皮膚がかゆくなる事から付けられたものだそうです。

 

じんましんの原因は、皮膚接触性、食べ物、飲み物など3つ要素が由来していると考えられています。

 

具体的になにが起こっているのかというと、アレルゲンと触れたり、口に入れたりする事で血管が拡張して血漿成分(けっしょうせいぶん)が血管からにじみ出ます。

 

この血管からにじみ出た血漿成分が肌の表面を赤く腫れあがらせてブツブツを出させてかゆみが起こるという仕組みです。

 

じんましんは比較的短く、数十分から1時間程度で治まるものを指します。

 

それ以上に長くかゆみが続くものを湿疹や金属アレルギー、ゴムアレルギーなどと呼びます。
これらはアレルゲンが特定できているのに対して、
じんましんはアレルゲンの特定が難しいという特徴があります。

 

どちらにしても、自己免疫が原因の疾患であることは間違いありませんので、免疫力を上げることが対策のメインテーマになるんですね。

免疫力を上げる方法は?

免疫力を上げる方法にはいくつかの方法があります。

 

  • ヨーグルトや発酵食品を食べる菌活
  • 酵母菌や麹菌を食生活に採り入れる育菌
  • 食物繊維やオリゴ糖などで腸内環境を改善する腸内フローラ
  • 青汁で便秘改善や食物繊維、カリウムを摂るデトックス

 

こういった方法が、免疫力を上げる方法としては一般的で、特にヨーグルトでもR-1ヨーグルトやLG21、ヤクルトなどを飲む乳酸菌による菌活は有名ですよね。

 

乳酸菌にしても、麹菌や酵母菌などを摂る育菌にしても、カギになるのは『腸内環境を良くする事』です。

 

なぜなら、自己免疫疾患は免疫力が下がることによって、ほんのちょっとした皮膚への刺激やアレルゲンとの接触で『免疫システムが過剰に反応する』事が原因で、免疫システムの大半は腸内細菌によって作られているからです。
便秘になるとニキビができるというのも、免疫力が落ちた事で皮膚表面の表皮ブドウ球菌やアクネ菌などの常在菌のバランスが狂ってしまう事で起こる事が分かっています。

 

青汁は、先ほどご紹介した免疫力を上げる方法の中では、現代人の『根本的な野菜不足を補いながら腸内環境をキレイにできる』というアプローチが採れるのが長所なんですね。

 

じんましんは、今でも原因に関してはまだ分かっていない事も多いのですが、肌を赤く腫れあがらせてしまい、かゆみも強いアレルギーなどと同様に過敏症のうちのひとつであることは間違いありません。
アレルギーが原因である以上、そのアレルゲンがなにかというのは個人差があるものの、食事に関するもの、肌に触れるようなものなどたくさんの種類があります。

 

それらの中で、食材が原因となるようなじんましんは、原因になる食材を食べられないのでどうしても栄養は偏ってしまいます。

 

まずはじんましんというのはどういったものなのか再確認していきましょう。
じんましんとは体中に赤いブツブツが表れて、それが再発せず一度で治まるという人もいれば、再発を繰り返してしかもかゆみばかりか痛みも伴うという方もおられます。

 

ただ一つだけ確実に言える事は過敏症は血流の改善が効果的だということは既に実証されているそうです。

 

ということはつまり、βカロテンやビタミン類、抗酸化物質をたくさん含んでいて、血管の柔軟性が上がって血液をサラサラに出来るような野菜の摂取は、じんましんの症状を和らげる事が出来るということですよね。

 

また、じんましんができやすいのは、体の免疫が弱っている状態で起こりやすいのです。

 

免疫が弱っている状態は、ストレスや睡眠不足などいろいろな状態が影響を及ぼしているためなので、食事などでもしっかりと栄養が摂れていれば、免疫も回復することも可能なんですよ。

 

ただし、それらの野菜を毎日の食生活でバランスよく補完しながら摂ることは量的に言っても難しいことなので、結果として青汁はじんましん対策に効果的と言えます。

 

もちろん青汁ならなんでも良いという訳ではなく、先ほど紹介したようなβカロテン、更にビタミン類のバランス、それと老廃物と塩分の排出に役立ってくれるカリウム。

 

これらがバランスよく尚且つ絶対量も可能な限り多く摂れる青汁を選ぶ必要があります。

 

最近では、明日葉の青汁がそれに当てはまります。

 

特に国内産の良質な明日葉青汁は、市販されているものでは珍しいので、通販で入手するのがベストな選択です。

 

このサイトで紹介している青汁の中では、ふるさと青汁は八丈島産の明日葉がメインで作られている青汁です。

 

殺菌力と抗酸化力が優れているカルコンという物質や、カリウム、βカロテンも豊富に含まれているので、効果が期待出来るんですよ。

 

もし、青汁が苦さや青臭く感じて苦手という方はサプリメントタイプの青汁も明日葉ベースのものがあるので、選択肢としては良いでしょう。

 

青汁には味の好み、栄養素の種類なども考えなければいけないものもたくさんあります。

 

じんましんに効果がある栄養素が、豊富に含まれている青汁に、あなたのアレルゲンがあるのかを確認することも必要なことなので、まずはその目で確認してみてはいかがでしょうか。

 

【明日葉を素材に使った青汁の関連ページ】

明日葉の青汁ふるさと青汁の詳細はこちら
八丈島原産の明日葉の根・茎・葉のすべてを余すところなく粉砕して大人の味に仕上げられた「ふるさと青汁」の花粉症やアレルギー、じんましん対策の効果は・・・

明日葉青汁のサプリメントうれしい明日葉の詳細はこちら
明日葉を使った青汁の風味を苦手と感じる方はサプリメントタイプも用意されています。お子さんでも明日葉の有効成分を余すところなく摂取出来ます。