花粉症と青汁について

花粉症と青汁って関係あるの?

花粉症は、日本人の約25%が発症しており、現在も増大の傾向にある現代病です。
この症状は、アレルギー反応なので、現代医学では症状を緩和することができても、完治することは不可能といわれています。

 

しかしケールという野菜を利用した青汁が花粉症に効果が期待出来るのはご存じでしたか?

 

青汁に含まれているケールの糖脂質が、このアレルギーを引き起こす誘引物質を抑える働きがある事が大手製薬メーカーの研究結果で判明しており、
他にもフラボノール配糖体のはたらきにより初期段階の状態から症状が進行していくことを抑制する働きが期待出来ます。

 

花粉症は、本来わたし達の身体には無害なものですが、免疫力が弱っていると、花粉が粘膜に入って来た際にアレルギーを誘う因子が体内で作られ、
異物を排除しようとしてアレルギーの症状を起こしてしまいます。

 

このような花粉症の症状を体内環境を変えることで改善する働きが期待できるのが青汁なのですが、
花粉症を治療できる方法にはどんなものがあるのかという点も見てみましょう。

 

青汁は現代人のわたし達の悩みである『花粉症を解消する方法の選択肢のひとつ』にしか過ぎないからです。

花粉症の治療方法はどんなのがあるの?

減感作療法や舌下免疫療法など、荒療治的な対処法も存在しますが、いずれも治るまでに1年以上の時間が掛かり、根気よく治療を続ける必要があります。

 

その間は、アレルゲンである花粉症の花粉をエキスとして付着させたパンを小切りにしたものを症状が起こることを我慢しながら食べ続けるなどのつらい期間があります。
それがいずれの場合でも1年以上かかってしまうのが、減感作療法の欠点でもあります。

 

また、ステロイド系の免疫システムの働き自体を抑え込んでしまう対策もありますが、
これは呼吸をするのも苦しいほどの激しい花粉症の症状に悩まされている方にとっては
一時的に症状を和らげる方法としては優秀ではありますが、その反面『免疫システムの働きを阻害する』ため、
花粉症の症状は軽減出来ても『他の病気にかかりやすくなってしまう』というデメリットがありますね。

 

青汁のケールにはアレルゲンの『ヒスタミン生成因子』を減少させるはたらきがあり、ケールの青汁にはたくさんの栄養素が含まれていますので、のみ続けることによって免疫力をあげる効果が期待できます。

 

また、青汁を飲むことによって効果が実感できるまでには個人差もありますが、時間がかかりますので、花粉症の季節だけではなく毎日飲み続けることが大切です。

 

青汁を飲むことによって副作用がなく、薬を飲むことによって眠気に襲われるという障害はありません。

 

また様々な青汁がありますが、花粉症に直接的な効果があるとされているのはケールを使用した青汁ですが、最近ではレモン味のジュースのような味のケールの青汁もあります。

 

ジュースのような感覚で毎日飲み続ける事で、花粉症はもちろん、ハウスダストアレルギーやインフルエンザなどの病気も予防出来るのは魅力ですね。

 

ケールの青汁の味を改善した【やわたのおいしい青汁】詳細ページ