花粉症に効く青汁の種類と自分にとっての最適な選び方

青汁を美容、健康対策に役立てている方は大勢いらっしゃいます。
野菜嫌いの方や忙しくて自炊が難しい方でも、青汁ならただ飲むだけでOKなので気軽に摂り入れることができます。

花粉症 効く青汁

ダイエット効果など様々な効能を持ちますが、最近は花粉症対策にもなる実力を秘めていることで注目を集めています。

 

花粉症は現在国民病とまで呼ばれている程発症者が多く、日本人の25%もの人が花粉症を発症しているそうです。
25%というと4人に1人ですから。街を歩いていれば、すれ違う人3人おきに1人は花粉症ということですよね・・・

 

年々患者数は増える一方ですが、
アレルギー反応の一種である花粉症は青汁で辛い症状を緩和できるんです。

 

同じ青汁でも成分には色々ありますが、花粉症に効くのは糖脂質を含むケールを材料に使っている青汁です。
ケールに含有される糖脂質が、花粉症などアレルギー症状を引き起こす誘因物質の働きを食い止めることが研究によって判明しました。

 

また、青汁に含まれるポリフェノールの一種であるフラボノール配糖体の作用も、
アレルギー症状を軽い段階から落ち着かせる働きがある為、
毎日ケールを材料とした青汁を飲むことで辛い症状から解放される筈です。

 

薬とは異なり副作用の心配もありませんし、内臓に負担をかけるどころか
野菜不足の解消にも役立つ健康食品ですから、これ程安全な花粉症対策はありません。

 

ただし、花粉症対策に使える青汁と言っても、それぞれで特徴があります。

花粉症対策に使える青汁の特徴とは・・・

花粉症対策に使える青汁の特徴を大まかに分類すると、次のようになります。

  • ケールが摂れる青汁
  • 殺菌力の高い明日葉の青汁
  • 乳酸菌やビタミンCなど総合的栄養バランスが取れる青汁
  • ユーグレナの緑汁

このような4種類になります。

 

ケールが摂れる青汁の特徴は、花粉症の原因になる花粉に反応してしまう抗体を抑える効果が期待出来ます。
しかし、効果が花粉症対策だけに限定されてしまうのが、ちょっと残念です。

 

殺菌力が高い明日葉の青汁は、デトックス力が高く、腸内環境をリセットする事に適しています。
しかし、苦味もそれなりにあるので、いかに続けられるかが勝負と言えます。

 

乳酸菌やビタミンCなどが総合的に摂れる青汁は、青汁の花粉症対策アイテムの中でも最も新しい部類に入ります。
味が良く、続けやすいところがメリットと言えますが、総合的な栄養摂取と考えるならメリットが大きいですね。

 

また、ユーグレナの緑汁の場合は原料が野菜ではなく
パラミロンという藻の1種なのですが、メーカーのユーグレナではアトピー改善に効果が期待できる働きが実証できたという旨のプレスリリースを発表しています。

 

花粉症 効く青汁