花粉症の症状を抑える薬の副作用【危険!】

花粉症は今や日本人の4人に一人が発症している病気です。
わたし自身も悩まされてきた症状ですが、
鼻水や目のかゆみ、後鼻漏と言われる鼻水が喉の奥にたれて来る症状もあります。

花粉症 薬 副作用

本当にイヤな症状で食欲は無くなり酷い時は吐き気がするほどでした。
早い年では2月後半から4月終わりまでその症状が続くのですが、
それらの症状を軽くしたいあまりに病院で症状を抑える強めの薬を貰ったりしていました。

 

わたしの場合は幸いなことに親切な医師で「飲むと眠気もあるし出来れば飲まない方が良いですよ。」と
アドバイスをくれていましたが、どうしても酷い症状が出る前に飲みたくなってしまったりもしていました。

 

そのうち少しづつ薬に頼るのは良くないと改心して行きましたが、
中には薬の危険性を充分に説明してくれない病院もあるのだそうです。

 

また、病院で処方されるような花粉症の薬以外で市販薬の副作用を見ていきましょう。
まずはアレグラですね。

花粉症の市販薬アレグラの副作用は?

比較的副作用が少ないと言われるアレグラですが、それでも非常に重い不整脈の報告があります。
ある場所で子供に起こった副作用でその後重い脳障害が起こったと言う例が挙げられています。

 

この原因は空腹時に下がってしまった低血糖を上げようとする生理作用を抗ヒスタミン剤
(アレグラの主成分)が抑え込んでしまったために起こってしまったと考えられるとのことです。

 

また市販薬の中にも抗ヒスタミン剤の他にもステロイド系のアレルギー薬があります
アレルギーの原因物質であるアレルゲンを素早く取り除くことができて食品などによって
起きた重症の際にやむを得なく一時的にステロイド剤を使うならば、それほど害はないと考えられます。

 

ですが花粉が飛散期間が何ヶ月も続きますしその間ずっと使用し続ければ危険もその分大きくなります・・・
ステロイド剤の効果は強いものですが、感染症や局所使用でも副腎機能の抑制や自律神経機能の崩れなど
いろいろな副作用が報告されています。

 

中にはやはり自律神経と副腎皮質ホルモン
(この2つは特に免疫機能の力の発揮に大きな影響を及ぼす)このような危険な薬と言うのはできることなら使わないほうがいいですよね。

 

次に処方薬のセレスタミンという抗アレルギー薬の副作用を見て行きましょう。

花粉症の症状を抑えるセレスタミンの副作用

花粉症の症状を抑えるには、ヒスタミンの生成を抑える働きのある薬が良いとされています。

  • 抗ヒスタミン薬
  • 第2世代抗ヒスタミン剤

これらの抗ヒスタミン薬だったり第2世代抗ヒスタミン剤と呼ばれるものは、比較的副作用が少なく安全性が高いと言われています。

 

しかしながら、妊娠中の妊婦さんや産後の授乳中のママさんには服用が禁じられているものもあります。

 

また、漢方由来のものもあるのですが、効き目が緩やかなので、症状をすぐに止めたいという方にはあまり向きません。

 

もちろん、花粉症の症状を飲んだ時からピシャッと抑えてくれる薬もあります。

 

その強力な薬がセレスタミンという薬なのですが、やはり副作用があります。

セレスタミンの副作用

セレスタミンは、脳の副腎皮質に働きかける薬で、長期間服用し続けると副腎抑制効果が強いために副作用が起こります。

 

セレスタミンの副作用は、次のようなものです。

 

常時発生の副作用

  • 消化不良

体調によって左右され、ときどき起こる副作用

  • 不安感
  • 多幸感(わけもなく楽しくなる)
  • 視力低下
  • 口の渇き
  • 食欲増加
  • 体重増加
  • 神経過敏

個人差でまれに起こる副作用

  • 発疹
  • 胎児の発育障害
  • 腱断裂
  • 皮膚の脆弱化
  • 血栓症

といった物が花粉症の症状を抑えるためにセレスタミンを飲み続ける事で起こる副作用です。

 

そのため、花粉症やアレルギーの症状軽減のためにセレスタミンを処方する時は、常用を禁止した上で、医師の指示に従って飲むように注意喚起しなければならないのですが、中にはこういった注意喚起を行わない医師もいるようですので注意が必要です。

 

どちらにしても、自分自身の免疫力が強力で、正常に働いていれば、薬に頼ることも少なくて済みます。

 

なので、腸内環境改善などの免疫力向上は常に意識しておきたいものですね。