花粉症の目のかゆみ|正しい目薬の選び方

今や、日本人の4人に1人が悩んでいると言われている花粉症ですが、
もしかしたら人によっては一番辛い症状と云うかも知れないのが「目のかゆみ」です。

花粉症 目薬 選び方

目薬は、目のかゆみをその場で鎮められる良い選択肢ですが、
その目薬も今ではたくさんの種類が市販されているのでなにを選ぶか迷いますよね。

 

今、花粉症対策として市販されている目薬は抗ヒスタミン剤が配合されているものがほとんどです。
そういった目薬の中には妊婦さんや授乳中のママには良くない目薬もあります。

 

また、意外と忘れられがちなのが、花粉の粒子で傷ついた眼球表面の傷に対するケアです。

 

目薬で小まめに洗い流すような使い方をしていても、かゆみを感じた時点では、既に眼球に傷がついた状態なので、
それをケア出来るビタミンA類(粘膜保護と修復が目的)を含んだものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

眼は一生お世話になるものなので大切にしたいものです。
手前味噌ではありますが、管理人のわたしが花粉症対策に愛用している目薬をご紹介しておきたいと思います。

 

また、もう一つの選択肢として花粉症を改善するため成分のフラボノール配糖体と糖脂質が摂れるケールの青汁もおすすめなんですよ♪
管理人がケールの青汁を飲み始めてからまだ1年経っていませんが、
便秘も口臭も今のところ花粉症の症状は出ず過ごすことができていますw

私が愛用してる花粉症用の目薬

私が毎年春になると使っている花粉症対策の目薬はアイフリーコーワALです。
こちらは実際に花粉シーズンが始まってからの目のかゆみに対しても効果的ですし、
この目薬の良いところは予防という観点で非常に優れており、花粉が飛散する前から使い続けることでより高い効果を得られるんですよ。

 

現状の辛いかゆみを抑えながらも、今後のかゆみを予防してくれる働きが同時に得られるのは嬉しいですね。

ビタミンAが含まれる青汁で花粉症対策も可能

先ほどビタミンAを摂取することで傷ついてしまった女を修復することができるため目のかゆみを抑えられます。
という話がありましたが、そのビタミンAを先週しながらも根本的な花粉症改善が見込める飲み物が青汁です。

 

青汁が花粉症改善に良いのは何故か?といった部分はこちらで詳細がまとめられていますのでよかったら参考にしてみてください。

青汁を飲む習慣をつけることで花粉症そのものにアプローチをすることができるため、鼻と目の両方を改善に導くことができるんですよ。

 

やわたのおいしい青汁という青汁には、花粉症そのものに良いと言われているケールが豊富に含まれていて、
その上に傷ついた目を修正する働きがあるビタミンAも同時に摂取することができるんです。

 

鼻と目の両方にお悩みの方にとって、やわたのおいしい青汁は総合的に見ても多くのメリットが期待できる健康ドリンクかと思います♪
そんなおいしい青汁の基本的な情報や花粉症にお悩みの愛用者の方の口コミなどをこちらからチェックすることができます↓