花粉症対策は空気清浄器だけで完璧?

日本は、気候の特性上、ほぼ年間を通してなんらかの花粉が舞い散っています。3月〜5月上旬まではスギ花粉、その後はイネ科植物の花粉という具合です。
そんな日本ですが、家電が発達している先進国なので、かなり高性能なものもたくさんあり、中にはこれだけで花粉症対策は完璧!という空気清浄器もあります。

 

調べたところによると、「シャープ空気清浄機 FU-F30 【2016年】」が花粉対策に効果的な空気清浄機だそうです。

 

ただ、空気清浄機にも色々あり、確かにミクロの世界まで、ホコリを除去できる、静電気フィルターなど搭載しているものもありますが、本当にそうなのでしょうか?
実は空気清浄機による花粉対策は完璧ではないと言われています。

 

ここでは、花粉症対策に効果的とされている空気清浄機が完璧ではない理由と、後半部分にて、花粉症対策にもっと効果的な方法をご紹介したいと思います。

なぜ空気清浄機での花粉症対策は不完全なのか?

実際に花粉は静電気によって衣服に付着する性質を持っています。そして、僅か一時間程度の外出で、衣服には約8万個の花粉が付くと言われています。
特に春先は毛糸繊維のセーターやカーディガンなどを着る事も多く、そういった衣服は帯電しやすく花粉だけではなく様々なホコリも寄せ付けてしまいます。

 

外出先から自宅に帰ってきた時に玄関先で衣服を軽く叩けば花粉やホコリは落ちるとの事ですが、それだけで完全にすべてが落ち切る訳ではありません。
つまり、機械1つで家の中の花粉を完璧に一掃するのは厳しいと言えます。

 

そして一度家の中に花粉を持ち込んでしまうと、花粉症に悩まされている方にとっては、とても危険なんです。
重度の花粉症の方の場合、ひとつの発作から喘息など呼吸器系の疾病を発症する場合もありますからね。

 

掃除機を玄関先に設置しておいて外出先から帰ってきた時に衣服から花粉を吸いだしたりと云った対策も有効ですが、やはり何より有効な対策は免疫の強化です。青汁で花粉症の原因になる免疫機能の向上が出来るなら手軽な対策と言えるんではないでしょうか。

空気清浄機を使わない家の中の花粉対策

空気清浄機を完全に否定するわけではありません。
しかし、それだけ高いお買い物をして不完全な花粉対策になってしまうのであれば、部屋の湿度を利用して花粉対策をするのも効果的だと思います。
というのも、花粉は湿気に非常に弱く、湿度が高い部屋だと湿気と付着して床に落ちやすいんです。
つまり、部屋の湿度が高い状態を保つことができれば、わざわざ高い機械を使わなくても効率の良い花粉対策を行うことができるんです。

 

例えば、お家に加湿器がある方は加湿器を作動して部屋の中を加湿してあげましょう。
加湿器がない場合は、濡れたバスタオルを部屋に干して湿度をあげたり、洗濯物を部屋の中で乾かすのもありですね。
花粉症が流行る季節はいずれにしろ空気が乾燥しがちな季節ですから、むしろ部屋干しをされる方も少なくありません。

 

このようなちょっとした工夫をすることで空気中に浮遊している花粉を床に落とすことができ、コロコロやクイックルワイパーなので定期的に床を掃除してあげれば、床に落ちた花粉を再び空気中に舞い上がらせることもなく除去することができます。

 

空気清浄機は確かに便利な手段ですが、どうせ完璧でないのであればこういった手段をとって出費を抑えるのも1つの手段かと思います。

体の免疫力を高めれば怖いものなし

近年、青汁が花粉症の改善に効果的だと注目されていることをご存知ですか?
既に花粉症発症されている方に対しても、花粉症の症状を改善する効果があると言われているんです。

 

それにはきちんとした医学的根拠もあり、青汁であれば花粉症シーズンの薬頼りの生活から抜け出すことも出来ると期待されています。
アレグラなどの薬を買うのにもお金がかかってしまいますから、どうせ数千円のお金をかけるのであれば、同じ位の値段で青汁を定期的に購入し、体の免疫力を高めてナチュラルに根本的な改善を行う方が魅力的だと思いませんか?

 

また、青汁を飲み続ける習慣は、何も花粉症を改善するだけでなく、普段の食生活で補い切れないような栄養を補給できたり、免疫力を高めることで病気に強い体を作ることもできるので、健康志向の方にとってもオススメです。
このように青汁にはたくさんの可能性が秘められているため、最近では若い方にも人気があるんですよ。

 

なお、私も愛飲している花粉症対策にオススメの青汁の効果の秘密や、花粉症改善の仕組み等の詳細がこちらでわかりやすくまとめられています↓

 

やわたのおいしい青汁|花粉症対策に効果的な青汁