青汁が花粉症に効果的な仕組みが判明したんですって!

暖かい季節がやってくると花粉症の症状をうったえる人たちが増えます。私もその一人でした。
これは空気中を浮遊する花粉を吸い込むことで、体内でアレルギー反応を起こすためです。

 

人によっては一年中花粉症の症状が出ることもありますが、不快な症状を少しでも改善したいという時にオススメなのは健康飲料「青汁」です。
様々な会社から販売されている青汁ですが、ほとんどの青汁の原料はケールという野菜です。

 

ケールに含まれているフラボノール配糖体というポリフェノールと糖脂質という物質です。

 

フラボノール配糖体は名前からピンときたという方もいらっしゃるかも知れませんが、
お茶に含まれるフラボノイドという口臭の消臭効果もある殺菌成分の仲間で、
配糖体というだけに分子の中に糖を持っている成分なんだそうです。

 

糖脂質は、フラボノール配糖体も含む体内の糖をエネルギーに変える物質で、
オリゴ糖の種類でもあるイソマルトオリゴ糖や食物繊維が分解されて変換されるキシロオリゴ糖なども糖脂質の仲間です。

フラボノール配糖体が花粉症改善に効果的な仕組み

フラボノール配糖体が花粉症改善に効果的な仕組みは、花粉症の症状の原因であるヒスタミンの生成を抑制する力があるんだそうです。
大手健康食品メーカーの『ファンケル』巨額な費用と時間を投じて青汁の花粉症改善に対しての効果を研究して発表しています。

 

また、糖脂質はヒスタミンを作るTh1というサイトカインと呼ばれるシグナルの力を弱めることができるんだそうです。
そうなるとヒスタミンを直接的に作るIL-4(インターロイキン4)という物質が作られにくくなって結果としてヒスタミンを減らすことができるんだそうです。

 

ケールにはこんな力が隠されていて、そのためケールをたっぷり使っている青汁は花粉症改善に効果的と言われるんですね。

 

これを知らなかった頃のわたしの花粉症対策

私も今までは、耳鼻科でアレグラとプランルカストをいただいて花粉シーズンをしのいでいたのですが、去年あたりから青汁を飲む習慣をつけて花粉症対策をしています。
そこでこのページでは、なぜ青汁が花粉症に効果的なのか?青汁で花粉症対策をするならばどの青汁を選ぶのが良いのか?といった点について特集して行きたいともいます。

なぜ青汁が花粉症に効果的なのか

なぜ青汁が花粉症に効果的なのかと言うと、ケールには糖脂質と呼ばれる成分が含まれていて、この糖脂質が体内のアレルギーを引き起こす誘引物質を抑制する働きがあることが判明しています。
また、ポリフェノールの一種であるフラボノール配糖体と呼ばれる成分も花粉症の症状が進行するのを抑制する働きがあるとのこと。

 

薬では無いので、飲用してすぐに劇的な改善効果が見られるわけではありませんが、毎日継続して飲用することによって体の免疫力を高めて、花粉が飛び回る季節でも出来るだけアレルギー反応が起きないよう予防することが可能になります。

花粉症に効果的な青汁の選び方

花粉症に効果的な青汁の選び方では、ちょっとしたポイントがあります。
それは、ケールを丸ごと使用する青汁だからこそ、残留農薬の心配が少ないものを選ぶと言うことです。

 

ただし勘違いしてしまってはいけないのですが、ケールが原料に含まれていない青汁の方が腸内環境の正常化による免疫機能強化の働きが強く、こちらは花粉症の症状じたいの緩和にはつながりませんが、NKT細胞への直接的なアプローチで今の花粉症だけではなく将来的なさまざまな病気のリスクに対しての備えにも効果的です。

私が今も愛飲している花粉症対策の青汁

私が今も愛飲している花粉症対策の青汁は「やわたのおいしい青汁」です。
やわたのおいしい青汁は、ケールをはじめその他の材料も全て無農薬・有機栽培で作られているのでかなり安全性が高いんです♪
しかもケールが主成分なので、ケールの成分をたっぷり摂れるので気に入っています♪

 

ちなみに今では何年も愛用していたアレグラは卒業しています☆

 

なお、こちらではやわたのおいしい青汁の基礎情報や最安値情報、またリアルな口コミなどもまとめられていますので、気になるからは是非見てみてはいかがでしょうか?

 

やわたの青汁|花粉症対策におすすめの青汁