ミナト式くわ青汁の特徴

ミナト式くわ青汁

ミナト式くわ青汁は、製薬メーカーが自社農園でこだわりにこだわり抜いて栽培した桑の葉を主原料に使っている青汁です。

 

このミナト式くわ青汁の花粉症対策の効果はどんなものでしょう。

 

その前に現代人の食生活にいかに野菜が不足しているか、
そんな食生活が日本人が本来持っていた体質をどれだけどれだけ損なわせたかを知っておく必要があります。
ちなみに厚生労働省の推奨する1日に必要な野菜の摂取量は350gと言われています。

 

正確には緑黄色野菜と淡色野菜で良いとされる摂取バランスがあります。
ですが実際には、推奨されているほどの量の野菜を普段の食生活で摂る事はほぼ不可能に近い事です。

 

本来、日本人は野菜や穀物を中心とした食生活を送って来ました。
ところが食生活の変化によって昔なら有り得なかった疾病やアレルギー症状などに悩まされる方が多くなっているのは事実です。

ミナト式くわ青汁の花粉症対策の効果は?

ミナト式くわ青汁の花粉症対策の効果に於いてキーワードになるのは「DNJ」という成分です。
アルカロイドの一種で(1-デオキシノジリマイシン)というのが正式な名称です。

 

古来から漢方で薬効成分として広く使われて来ており、効き目が確かで尚且つ副作用の心配がない中薬に分類されている成分なのですが、
糖質の吸収を抑えてくれる事によって体内の免疫機能の向上がはかれるのが特徴です。

 

さらに抗酸化作用や血糖値の低下など様々な効果がある成分で便秘解消にも働いてくれるので、
腸内環境を整えてアレルゲンに負けない体質作りにも一役買ってくれます。

 

桑の葉に含まれるDNJと呼ばれる非常に特徴的な働きをする成分なのですが、
食後の血糖値の上昇を防いで糖尿病や肥満を防止改善するというものがあります。
現代人の生活習慣病対策に有効だと考えられていて大いに注目されている成分なんですよ。

 

また、桑の葉には豊富な食物繊維が含まれています。もちろんこの桑の葉をメインな原材料に使っているこの「ミナト式くわ青汁」も食物繊維が非常に豊富なんですよ。
青汁と言えばケールや大麦若葉が有名ですが、大麦若葉よりも5倍、ケールに比べても4倍の食物繊維が含まれています。
それが桑の葉を原材料に使っているくわ青汁が持っている特徴なんですね。

 

これによって腸内環境も良くなるのでアレルギー体質の改善が期待できるんです。