毎年春になるとやはりペットの抜け毛は本当に気になりますよね。
例えば、我が家でも猫ちゃんを飼っているんですけど、この子がとても抜け毛が多くて困っているんです。
しかも、先日私が血液検査を受けたら猫アレルギーのいっぽ手前と診断されました…
本当にもし私がアレルギーになってしまったら、このこと一緒に過ごすこともできなくなってしまうのかなと思うと目の前が真っ暗になりました。
このような辛い経験をもしかしたらされている方もいらっしゃるかもしれませんね。
なので、できるだけこのような猫アレルギーを防ぐための負担から行えるケアと自分の体の中でできる事がないのかといった点をこのページではちょっと深く考えてみたいと思います。

 

猫アレルギーの原因と対策

アレルギーは、体内に入ってきた異物を免疫系が排除しようとする際がんばりすぎて
逆に体調悪化させてしまう症状ですが、猫アレルギーは発症する人発症しない人がいますよね。
これは単純に体質の違いによってアレルゲンのセクレトグロビンという物質やアルブミンという物質から構成されているんだそうです。
ただしこの特有のアレルゲンを締め出す事はできません。
そのためには、猫ちゃんの抜け毛が一番大きな原因になっている(もちろんそれだけではありませんが)と
言われているので、まずはその衛生環境に対してどういった対策が取れるかを見て行きましょう。

まずは毎日のこまめなブラッシング

猫ちゃんの種類にもよりますが、やはり全身の毛が多い猫の種類になると春の抜け毛もとても多くなりますね。
猫ちゃんは気まぐれですから、いろいろなところで寝たり遊んだりします。

 

なので部屋中ありとあらゆる所に抜け毛が散らばっている場合があります。
気づくと床に向けて直している事も多くなりますよね。
でもそのままにしておくとカビなどの餌になってアレルギーの原因になります。
猫ちゃんの家はとても細くて柔らかいので、ちょっとでも風が吹いたりすると、その風で舞い散ってしまうことがあります。
このような春の猫ちゃんの抜け毛対策も猫アレルギーの対策としてはとても大切になってくるので、できるだけこまめにやっておきたいものです。

猫ちゃんの毛の溜まり場を把握

掃除をするときのコツとしては抜け毛が溜まりやすい場所を知るというものがあります。
猫ちゃんにも必ずお気に入りの場所がありますよね。
もしかしたらソファーの裏側の近くくぼんでいるところだったり、場合によってはエアコンの上なんていう猫ちゃんもるかもしれません。

 

飼い主として我が子のように接している猫ちゃんのお気に入りの場所を把握している事でも、
そういった場所を中心にブラッシングをする前でも抜け毛がそういったところにたまらないようにするといったことも
こまめに掃除をしてあげることで、猫アレルギーなどの自分自身の健康を守ることもできます。
猫ちゃん自体もあまり抜け毛が多い環境になると自分自身でその抜け毛を吸い込んで吐き戻してしまったりといったことも起こります。

 

また、家の中の家電製品は、猫ちゃんの細い毛を吸い込んで、故障の原因になります。
例えばテレビだったら発熱して液晶画面の月が悪くなってしまったりすることもあります。
また本棚やカラーボックスの中に抜け毛が入り込んでしまうこともあるので目隠しカーテンなどを使って侵入を予防すると掃除の工程を減らすことができますよ。

 

またこれらのような、猫ちゃん側の抜け毛に対して家の中をきれいにするという対策も必要なのですが、
それだけではなく、自分自身の体側の方でも免疫力を高めておく必要があります。

免疫力を高めるには・・・

基本的にどのアレルギーでも同じなのですが免疫力が高まっていればアレルギーはあまり発症することがありません。
アレルギーは普段から接していて、接触回数が多いアレルゲンであればあるほどそのアレルゲンに反応した後体がアレルギーを発症する形になります。
例えば花粉も一定数吸い込むまではアレルギーを発症しないなんて言われますよね。
それはこのことなんですもちろんその人によってアレルゲン2観音し始める量に個人差があるので、
こればかりは何とも言えないところなのですが、できるだけ免疫力を高めておくということがこの器を大きくする事になりますので、猫アレルギーも防ぐことができます。

 

普段から、乳酸菌、食物繊維、体を温めること、これらの免疫力を低くしないための生活習慣を実践していくことで
自分自身の免疫力を高めて猫アレルギーや花粉症、ハウスダスト、アトピー性皮膚炎などの改善と症状の軽減、発症予防も図っていきましょう。

 

免疫力をあげる菌活のやり方と効果