アレルギー反応と腸内環境の関係・善玉菌を増やそう!

花粉症アレルギー対策乳酸菌

現在の日本では、アレルギー疾患に悩んでいる人が全人口の30%近くに及んでいると言われています。

 

簡単に言えば街中を普通に歩いていればすれ違う人すべてのうち3人に1人は何らかのアレルギー性疾患を持っているという事ですから深刻なものです。

 

花粉症もアレルギー症状のうちのひとつであることは皆さんご存じの通りです。

 

アレルギーの大きなグループの中に含まれる様々な症状の中に花粉症もあるという事ですね。

 

このページでは、花粉症に限らず、その大きなカテゴリーであるアレルギー対策のための乳酸菌を一緒に見て行きたいと思います。

免疫低下=アレルギーってどうして?

花粉症やハウスダストなど、空気中のホコリやチリは本来は身体にとっては無害なものです。

 

通常なら鼻や口の粘膜がそれらの身体への侵入をブロックするためにくしゃみや咳などで、
追い出すだけで終わるのですが、それに対して免疫機能が過剰に反応するのがアレルギー反応です。

 

なぜ、こんな事になってしまうのかというと、免疫システムの機能低下は
直接的に命に関わってしまう現象なので、常に実践を想定した練習が必要になってしまうんです。

 

そのためには、直接的に身体にとって害のない花粉やホコリなどに対して反応するのが、
万が一免疫側が負けたとしても命に影響のある害は及ばないため練習にうってつけということです。
これは、逆に言うとこういった無害なものに対しても練習する必要が生じているくらい

免疫機能が乱れて低下している状態』といえるのが、アレルギー症状が起こってしまう原因なんですね。

乳酸菌でアレルギー対策になるのはなぜ?

花粉症とアレルギー対策のための乳酸菌

乳酸菌を摂るとアレルギー対策になる理由は、乳酸菌じたいが腸内細菌として働いてくれるからです。

 

アレルギーが自己免疫システムの誤作動による疾患なのは、皆さんご存知の通りです。
アトピーに食物アレルギー、花粉症も含むアレルギー症状の発症のメカニズムは、
免疫細胞の働きをコントロールする樹状細胞が誤作動を起こす事によって発症します。

 

攻撃しなくても良いものに対して攻撃を加えてしまうんですよ。
その代表的な例がアトピーです。
アトピーのアレルゲンがなにかは個人差があり、特定できない場合もあるため、
一概に決めつける事は出来ませんが、アレルゲンとはその人にとってはアレルギー源であっても、他に人に何ともないものだったりします。

 

免疫システムの司令塔は、先ほどの樹状細胞とTh1、Th2と呼ばれるヘルパーT細胞と呼ばれる免疫細胞が誤作動の原因を握っています。

 

この免疫細胞の司令塔の働きは多くのNKT細胞によって支えられています。

 

全体としては、NKT細胞が7割、樹状細胞やTh1、Th2細胞が2割、マクロファージが1割といったところが正しいバランスと言われています。

 

こういった免疫細胞を作っているのが、腸内細菌なんですよ。
免疫システムの全細胞のうち、約7〜8割を腸内細菌が作っている事が分かっているため、
まずは腸内細菌がしっかり働ける環境が大切になってくるんですね。

 

この腸内細菌がしっかり働ける環境を『腸内フローラ』と表現しています。

 

ただし、乳酸菌を摂るだけではなく、摂った乳酸菌が腸の中で元気に働けるようにオリゴ糖を摂ったり、
腸内にガスが溜まったりしないように水分を補給して便秘を防いだりする事が大切なんですね。

 

免疫力を高めるには乳酸菌だけでは無理?!