ラクトプランL‐137は花粉症に効く?飲み方や口コミ

『ラクトプランL‐137』は免疫力を高めることに特化した『守る力』を高める乳酸菌サプリです。
そのラクトプランL‐137の力が花粉症やハウスダスト、インフルエンザなどの病気やアレルギーのリスクから守る力に特化しているんですね。
そのために研究を続けてきたハウス食品の研究グループの発見によって完成した乳酸菌サプリなんですね。

ラクトプランL-137【ハウス食品】

長々と読む前にお断りしておきます。
ハウスのラクトプランL‐137という乳酸菌サプリは、便秘改善やダイエットには向いていません。
ですので、他のサイトで評判や口コミを読んで便秘改善やダイエットの効果を期待して
このラクトブランエル137をご覧になられているなら、他のサプリメントを探された方が良いと思います。

 

このラクトプランエル137は、冒頭でもご紹介した通り免疫力を強化して「守る力」を高める乳酸菌が凝縮されています。
乳酸菌は200種類以上の種類があって、それぞれに『得意とする働きに違い』があります。

 

そんな乳酸菌の中でもハウスのラクトプランL‐137に凝縮されている乳酸菌は、『HK・L‐137乳酸菌』は
厳密にいうと『Heat‐killed(ヒート(加熱)-キルド(死菌)L‐137』という特殊な乳酸菌なんです。

ラクトプランL-137【ハウス食品】

通常の乳酸菌は、摂取すると一部は便秘改善やダイエットに働きますが、残りは腸内環境の改善に寄与します。

 

ですが、それらの乳酸菌は基本的に腸に届くときにはすでに胃酸や腸壁の弱酸性の環境にやられて死にます。
そうすることでもともとの腸内細菌のエサになったり、代謝物を産生したりするのですがその時点で免疫力を高めるための働きを
専門に行う乳酸菌を発見したのがこの『ラクトプランL‐137』なんだそうです。

他の乳酸菌との違いは?

また、L‐92乳酸菌やタカナシ乳業のLGG乳酸菌などと同じように花粉症やハウスダスト、インフルエンザなどの
病気やアレルギーのリスクに対して有効な働きをするのですが、
それらの『もともと生菌で腸の中で変性してしまう乳酸菌』よりも
『最初から加熱処理で死菌になっているので変性せず長く腸内にとどまって働き続ける』
というのがL‐137乳酸菌が他の乳酸菌に対して優れているところなんだそうです。

 

ラクトプランL-137

ラクトプランL‐137の特徴

ラクトプランL-137【ハウス食品】

ラクトプランL‐137は、先ほども簡単にご紹介しましたが加熱した乳酸菌によって免疫力向上効果を極限までアップした全く新しい発想の乳酸菌サプリメントなんです。
私たち日本人にとって発酵食品というのはとても身近な存在ですよね。

 

例えば納豆、ふなずし、おつけもの、お醤油、お味噌…数え上げたらきりがないほどの発酵食品が日本にはたくさんあります。
この発酵食品の中から特に歴史が古いなれ鮨(ふなずし)などから取ることができる『最も古くて最も新しい乳酸菌』がこのサプリメントの乳酸菌です。
一日あたり3粒で1カ月間で1袋90粒入りの乳酸菌サプリとなっています。

 

ラクトプランL‐137はどんな人にオススメ?

このラクトプランL‐137というサプリメントは、特に季節の変わり目で体調崩しやすかったり、

  • 花粉症やハウスダストなどのアレルギー症状
  • 家庭や職場で健康に常に気を配っていても体調崩しやすい、
  • なかなか疲れが取れにくい・・・

と感じている方に特にオススメなんです。
その理由は腸内環境を整える力がとても高く免疫力をアップさせてくれるからです。

ラクトプランL-137【ハウス食品】

そのためハウス食品では、『守る力を高めるサプリ』とこのラクトプランL‐137を位置づけています。

 

また免疫力を上げてくれるこの特殊な乳酸菌だけではなく、
さらに糖質や脂質の代謝に優れたビタミンB群4種類と抗酸化作用に優れたビタミンCをプラスしているので、
体を細胞レベルで免疫力とアンチエイジングの力を高めているサプリメントになっているんですよ。

 

つまり、外敵の雑菌や病原菌から身体を守るだけでははなく、
老化現象からも身体を守ってくれるのがラクトプランL‐137なんですね。

 

特に春先は花粉症の影響もありますし、突然20度越えで熱くなったと思ったら
翌日には急に10度台まで温度が下がったりすることもありますよね。
特に気候が不安定なのは季節の変わり目ですからこの直に体のだるさや疲れ、
やる気の起きない自分の体(なかなか言うことを聞いてくれないからだ)などのもどかしさを感じているなら、

 

ぜひ試してみて頂きたい乳酸菌サプリがラクトプランL‐137なんですよ。

 

ラクトプランL-137

ラクトプランL‐137の乳酸菌【HK・L‐137】の効果

ラクトプランL‐137の効果をこのサプリの特別な乳酸菌の働きから見てみましょう。

  • インフルエンザウィルスの感染予防
  • インフルエンザ抗体の血中濃度(INF-β値上昇)
  • 風邪予防効果
  • アレルギー抑制作用
  • ヒアルロン酸産生効果
  • 抗ガン効果

これらの効果の中で、@番目とA番目が同じじゃないか!とご立腹の方もいらっしゃるかも知れませんが
実は、この2つは確かに得られる効果としてはインフルエンザ予防ということになってしまいます。

 

普通の乳酸菌サプリの場合は乳酸菌を摂取している間は、インフルエンザ予防効果が期待できるのですが、
このラクトプランL‐137に使われている『加熱菌体のHK・L‐137』という特別な乳酸菌は、このサプリを飲み終わった後も、効果の持続性が期待できるということなんだそうです。
また、もう一つ注目して欲しい効果としては、抗ガン効果です。

 

わたし達人間の身体は、毎日普通に呼吸しているだけでも、
5000個〜7000個のガン細胞を作り出しています。
そのガン細胞は、免疫細胞に退治されることになっているのですが、
その力を、さらに高めてくれるのが、このラクトプランL‐137の乳酸菌の力なんです。
この抗ガン効果については、学会でも研究データが発表されているそうで、今もっとも注目されている乳酸菌が、このラクトプランに使われているHK・L‐137の効果なんだそうです。

 

どうやら、免疫力を高める働きが通常の乳酸菌に比べてとても高いようなんです。
つまり、花粉症はもちろんですが、その他のアレルギー、インフルエンザやノロウイルス、風邪などの
日常的なリスクまで、ひっくるめて面倒を見てくれる便利な乳酸菌なんですね!

ちょっと特別な乳酸菌サプリ【ラクトプランL‐137】の特徴

乳酸菌は加熱することによって間違いなく壊れます。これはどの乳酸菌でも全く変わりません。
この点についてはハウス食品がラクトプランL‐137の中に含有させているL‐137という加熱菌体でも全く同じです。

 

ですが、加熱して壊れている菌だからこそ、実はお腹の中に入って行くまでに、
胃酸や胆汁酸などの強い酸性の液体にさらされても全く変質することなく腸まで届くという事なんだそうです。
ハウス食品ではこの『菌体が変性することなく腸まで届く力』のことを『守る力が強い乳酸菌』と名付けたんだそうです。

 

実はこの加熱することによってさらに力が強められた今はどこから発見されたかというと日本に古くから親しまれている発酵食品の中でも特にクセの強さで有名な『なれ鮨』です。

 

関西の方でも『ふなずし』として有名な食品ですが、塩とお米の中につけ込んだ発酵食品なので、匂いが非常にきつくて体に良いということをわかっていてもなかなか毎日食べるというのはきつい食べ物でもあります。

 

この悪の強い発酵食品の中から発見された特殊な乳酸菌がとても加熱に強い乳酸菌の正体なんです。
発酵や加熱によって一度壊れた菌というものは、外部から新たな刺激や衝撃が加わっても形が変わったり性質が変わったりする事はありません。

 

だからこそ、強い菌として今回ハウス食品が開発した『ラクトプランL‐137』の中でも存分に生かされているという事なんだそうです。

 

さて、この強い変性しない乳酸菌ですが実際にどのような働きが私たちの体の中であるのかというと、単純に免疫力を高めてくれます。
しかも既に壊れている乳酸菌なので、体の中でもともと住み着いていた他の乳酸菌と喧嘩することもなく相性も抜群。
体の中で免疫力に直結する免疫細胞を作っている腸内細菌とともに働くため
免疫力を直接的にあげることができるというのが『加熱処理済みの乳酸菌の特徴』なんだそうです。

 

乳酸菌というとお腹に良くて、体の中で免疫力を高めてくれるというイメージがありませんか?

 

確かにその通りで、実際にコマーシャルでもヤクルトのシロタ株などが有名ですし、
乳酸菌が花粉症やインフルエンザ予防に効果を発揮しているなど乳酸菌に関してはいろいろなことがわかってきていますよね。

 

このように、乳酸菌が体に良いという事は、ほとんどの方が分かりきっている事実として認識していると思いますが、実際に乳酸菌を取るときにどんな方法を使っていますか?

  • ヨーグルトでしょうか?
  • 乳酸菌飲料を飲んでいますか?

もしかしたら、発酵食品をたくさん食べているという人もいらっしゃるかもしれませんね。
その毎日の乳酸菌の取り方で実際にどのくらいの乳酸菌が取れているのかというところまではなかなかわかりにくいですよね。

 

普通に野菜とかでもこのぐらい食べればこのぐらい選出が取れるとか、目安みたいなのがあるじゃないですか。
でもヨーグルトとか乳製品飲料だとか、実際に乳酸菌がどのくらい取れるのがわかりにくいんですよね。
それがはっきりと具体的にわかる方法が1つだけあるんです。それがサプリメントで摂るという方法です。

 

実は乳酸菌には、実際にお腹の中に入って役にたつ乳酸菌とそうでは無い乳酸菌がいるんです。

 

乳酸菌サプリ自体は決して珍しくは無いのですが、ほとんどのメーカーの乳酸菌サプリに含まれている乳酸菌は
人口腸液という人間の腸の中にある液体を疑似的に作ったものの中ではほとんど壊れてしまうんです。

 

つまり普通に毎日何粒も飲んだとしても朝に届くまでの間で大半が
胃酸や腸液などにやられて壊れて死んでしまうのに対して、人口腸液でも壊れない乳酸菌があるんです。
その乳酸菌が『L‐137加熱菌体』という乳酸菌で、この『ラクトプランL‐137』の乳酸菌です。

 

ラクトプランL‐137でとることができる乳酸菌がL‐137と呼ばれる胃酸や腸の中でも壊れない乳酸菌として知られるものなんです。
ですがそれをサプリメントの粒の形にまとめることができる技術力を持っている名家がありませんでした。それを実現したのがハウス食品なんです。

 

ハウス食品が作った『ラクトプランL‐137』は、遺産に壊れないのがもちろん先ほどもご紹介した通り人口腸液の中に漬け込んでも壊れることがありません。
またもともと体の中に住み着いている乳酸菌とも相性が良くすぐに馴染むという特徴持っています。

 

ちょっと難しくて専門的な話になってしまうのですが、このラクトプランL‐137に含まれているL‐137という乳酸菌は、実は発酵食品の中で発酵される過程の中でいちど壊れています。
そういった意味では実際はこのL‐137という乳酸菌は死んでいるとも言えるのですが、
実際に体の中に入ると、他の乳酸菌よりも長く安定的に力を発揮する(免疫力として)ことが判明しました。これはハウス食品が持っている特許なんだそうですよ。

 

実は、この守る力が強くなるという働きは加熱することによってもっと強められます。乳酸菌を長年研究している九州大学でも、農産学科でも、乳酸菌は加熱すると強くなる種類の例外的な乳酸菌がいるということがわかっています。
ハウス食品が発見したのは、それらの仲間とは違う形で完全な特許と言えるものなんだそうです。
このちょっと特殊な乳酸菌が取れるハウス食品のラクトプランL‐137は、これからも免疫力を高める1つの方法としていっそう定着していきそうですね。