成人してからの食物アレルギー対策に青汁が最適

食物アレルギーは子供の頃に発覚することが多いと言われています。

 

食物アレルギーを見つかると、それ以降はアレルゲンとなる食べ物を避けるように気をつけることが多いです。

 

しかし成人してからそれまで気づかなかった食物アレルギーに突然気づくということがあります。

 

今まで普通に食べていた食べ物が突然食べられなくなってしまうのは驚きますし、
その中に自分の好きな食べ物の食材が含まれていたりすると本当につらい思いをしますよね。

 

このページでは、ある日突然発症するかも知れない。あるいは発症して困っている
という方と一緒に成人になってからの食物アレルギー対策について改善や解消の方法を考えて行きたいと思います。

食物アレルギーの原因に改善のヒントが!

食物アレルギーの原因は、まだ完全に解明されてはいません。

 

というのも、個人差で『何がアレルゲンになるか分からない』という不確定要素があるためです。

 

しかしながら、まず間違いなく『体内の免疫力低下が原因と深い関わりがあること』までは分かっているようです。

 

免疫力は、免疫細胞によって運営されているのですが、その免疫細胞の『およそ70%が腸内細菌によって作られている』ことが分かっています。

 

この腸内細菌の善玉菌が少なくなって腸内環境が悪くなると、
菌同士の共同作業で作られるはずの免疫細胞の数が少なくなったり、
種類が変わってしまったりすると、免疫力の低下を招いてしまうと言われています。

 

ということは腸内環境を改善して、免疫細胞の働きやすい体内環境に整えてあげる事が食物アレルギーの改善のヒントになりそうです。

その前に免疫ってなに?

免疫は、ご存じの通り、身体を有害なウイルスや雑菌から守ってくれる存在です。

 

免疫の働きをシンプルに整理すると

  1. 外部から入って来た有害な侵入者を退治する
  2. その侵入者の弱点情報を解析して司令塔に送る
  3. 司令塔が情報をもとに抗体を作る
  4. 同じ侵入者には2度と害されないようにする
  5. この繰り返しで身体を守る

こういった働きを繰り返すことで身体を守っているのが免疫システムの働きと言われています。

 

しかしこの免疫が、本来身体にとって無害な食べ物や花粉などに過剰に反応してしまうことがあります。

 

なぜ、こんなことが起こるのかというと、免疫細胞の働きが偏食の食生活やストレスなどで
腸内環境が悪化すると、免疫細胞が活動し続けるために『過剰にIgE抗体を作ってしまう』ことが原因と言われています。

 

つまり、免疫機能を“鈍らせないために過剰反応する対象物を作ってしまう”という事がアレルギーの原因として考えられているんですね。

 

これが成人でも起きてしまうアレルギーの原因です。

食物アレルギーの改善のコツ

実は、食物アレルギーの原因は免疫力の低下だといわれているのです。

 

これは、花粉症やアトピーなども同じです。

 

青汁には血中に入り込んでいるアレルギー物質を軽減させるという効果があることが研究結果によってわかっています。
アレルギーの改善に青汁が役立つことが期待されています。

 

とはいえ薬ではありませんので、長期間かけて青汁で体質改善を目指すつもりで地道に続けていくことが大切なのです。

 

また、先ほども軽く触れましたが、腸内環境の悪化には2つの要因が考えられています。

 

  • 偏食の食生活
  • 睡眠不足や身体の疲れなどの身体的なストレス

 

アトピーの場合は完治は難しいといわれていますが、少しでも改善すればストレスも減って毎日生活が楽になることは間違いありませんよね。

 

青汁だけが選択肢ではありませんが、大麦若葉の青汁にはSOD(活性酸素)を退治して
腸内環境を改善してくれる成分が含まれています。

 

さらに、偏食や夜更かしなどの身体的なストレスを出来る限り減らして、健康的な毎日を送るように注意することが、食物アレルギーが改善されていくことにつながりそうですよ。