スギ花粉症は日本特有の病気です。

スギ花粉症は、海外では見られない日本特有の病気なのだそうです。花粉症・アレルギー対策に活かすためにもその辺りを少し調べてみました。
なお、こちらのページではスギ花粉症の具体的な時期や、最近注目されているスギ花粉アレルギーの改善方法等についても見ていきたいと思います。

スギ花粉症の時期

スギ花粉症の時期は、一般的に2月から5月位までと言われています。中でも特に3月中が最もピークと言われています。
しかし、地域によって若干の違いがあるようです。
例えば、

  • 北海道の場合3月中旬から5月の中旬
  • 東北の場合1月の後半から6月の中旬(秋から冬にかけても多少はあるようです)
  • 関東の場合ほぼ1年を通してスギ花粉の飛散はあるのですが、メインは2月の始めから5月の頭ぐらいまで
  • 東海エリアの場合、10月の後半から飛散し、5月の中旬まで続くと言われています。なお2月の終わりから3月の中旬までがピークと言われています。
  • 関西エリアの場合主に2月の後半から3月の終わりがピークとなりますが、秋から冬にかけても多少の飛散はあるようです。
  • 九州エリアはほぼ1年を通してスギ花粉が飛んでいるようですが、2月の中旬から3月の中旬位までがピークです。
  • なお、沖縄県はほとんどスギ花粉の被害はないと言われています。

 

このように、主に3月を中心に各地スギ花粉のピークが来るようですが、ピークの期間やその他のシーズンのスギ花粉の飛散などは地域によって多少異なることがわかります。
ご自身がお住まいの地域の目安を参考にしてみてくださいね。

スギ花粉症の原因と仕組み

この後スギ花粉症の改善方法のポイントについてご紹介しますが、その前に原因や仕組みについて簡単にお話ししたいと思います。
スギ花粉症の原因は、鼻、口、目なるからスギ花粉が体内に侵入してしまうことです。

仕組みについて

では花粉が体内に侵入するとなぜあのようなアレルギーの症状が出てしまうのかと言うと、本来花粉は体にとって不必要な異物です。そんな異物を体が排除しようとアレルギー反応が起こります。
従来まではこういったアレルギーの反応には改善の余地はないと言われていたのですが、最近私たちにとってさほど遠い存在でもない。健康食品が改善に効果的であると注目されているんです。
それが青汁です。

スギ花粉症に効果的!青汁の魅力

近年青汁がスギ花粉症の改善に効果的と言われているんです。私自身も花粉症に悩んでいたのですが、花粉症に悩む方にとって、症状が抑えられる。と言うよりも花粉症が改善されるかもしれない。と言うニュースは非常に嬉しいですよね。

 

というのも、青汁には腸内環境整える働きがあり、腸内環境整えることによって花粉症を始め、アレルギー性鼻炎やアトピーなど様々なアレルギーに改善効果が期待できると言われているんです。
しかも、青汁の主成分であるケールと言う野菜には、花粉症のアレルギーに直接的にアプローチをしてくれる成分が含まれており、腸内環境整える様々なアイテムの中でも、特に青汁は花粉症に良いと言われているんです。
私自身もそれを知ってから青汁を継続して飲んでいるのですが、今年の春は薬を飲まずとも花粉症の症状がびっくりするほど落ち着いているのを実感しています。

私が飲んでいる青汁はこれ

私が今継続して飲んでいる青汁は、やわたのおいしい青汁と言う青汁です。この青汁はテレビCMや様々なメディアで取り上げられているため、何となく聞いたことがあると言う方もいらっしゃるかもしれませんね。
この青汁には、腸内環境整えるための成分がたくさん含まれており、先ほどお伝えした花粉症のアレルギー反応に直接的な効果が期待できるケールもたくさん含まれています。

 

以前まで私は毎年毎年薬を飲んで花粉症のアレルギー症状を抑えていたのですが、結局それは根本的な花粉症改善ではなく、目先の対処の話なんですよね。
また薬を継続して飲むと肝臓に悪くなり体の免疫力の低下や、太りやすくなってしまうなど様々なデメリットがあるんです。

 

そういったデメリットを覆し、花粉症を根本的な改善へ導いてくれることが期待できる青汁は、まさに薬よりも飲みたい存在です。

 

花粉症対策と野菜不足の解消ができる【やわたのおいしい青汁】

なぜ日本はスギが多いの?

まず、日本特有の病気との事ですが、なぜでしょう。スギの木は日本にだけ生えているわけではないはずですが...

 

ある、花粉症研究の専門家の方によるとスギの木は第二次大戦の終戦時に資源として大量に木材が伐採されてしまい、その伐採状況が非常に酷く日本国内中のありとあらゆる山がはげ山になってしまうほどだったそうです。

 

そうなると森林保護の観点だけではなく、万が一大雨が降った時にがけ崩れなどの天災を防止するためにも木を植える必要があり、その時に選ばれたのがスギの木だったそうです。

 

なぜ選ばれたかと言うとスギの木は、成長が早く数年で成長するために植樹して、新たな木材を得るにはいちばん都合が良かったからとの事です。

 

今、スギ花粉症に悩んでいるわたし達からすると本当に迷惑な話ですが、当時の状況は原爆被害を受けた広島や長崎などに、さらに都市空襲によって住むべき家も失った人々が大勢あふれている状況だったので仕方がなかったようです。そういった人々を10年以上も住む家なしで手当ても出来ない状態に置くわけには行かなかったでしょうから...

 

というわけで、ありとあらゆる山々に大量のスギの木が植樹されていったわけですが、その木々は5年〜10年未満で成長し、伐採されては新たなスギの木が植樹されるというサイクルが出来上がってしまう事になったそうです。

 

その時代に植えられたスギの木が成長期を過ぎて成熟期に入る樹齢40歳から60歳くらいを迎えるのがちょうど現在なのだそうです。
そう考えると今がいちばんスギ花粉症にわたし達が悩まされる時代なのかも知れません。