花粉症は腸内フローラ改善で撃退!その方法は

最近、『腸内フローラ』という言葉が注目を集めていますよね。

 

腸内フローラとは、ひとことで言えば腸内環境なのですが、腸内細菌のバランスが乱れていると、
免疫力が低下して免疫機能が誤作動を始めて、花粉症やアレルギー性の慢性鼻炎、またハウスダストアレルギーなど、鼻水や目のかゆみ、便秘や突然の下痢、長く続く微熱やおう吐といった症状の原因になってしまいます。

 

わたし達人間の身体には、1,000種類、300兆個の腸内細菌が住んでいると言われていますが、これらのバランスの事を腸内フローラという言葉で表現しているのです。
このページでは、腸内フローラと花粉症に至ってしまう『免疫力の低下』につながる仕組み。
また、どうすれば腸内フローラを改善して免疫力を底上げできるのかという具体的な方法をご紹介しています。

 

まずは、花粉症などのアレルギーがなぜ起こるのかといったところから見て行きましょう♪

花粉症はなぜ起こるの?

花粉症が起こってしまう原因は、先ほど軽く触れましたが免疫機能の誤作動です。

 

花粉に対してアレルギー症状を起こしてしまうヒスタミンを生成するのが、
IGE抗体と呼ばれる免疫機能のひとつで、これが身体にとっては本来無害である
花粉に対して過剰に反応してしまうのが、花粉症が発症してしまう仕組みです。

 

スギやヒノキ、イネ科植物など花粉と言っても様々な種類がありますが、
そのどれに対してアレルギーを発症してしまうかは、実際に起こってしまってからでなければ分かりません。

免疫力をあげる方法は?

先ほどは実際に症状が発症してからでなければどの花粉に対して反応するかは分かりませんとお話ししました。

 

しかしながら、これらの花粉に対して一度は発症してしまったアレルギー症状も、腸内フローラを改善して、
免疫機能の誤作動をなくすことで、解消できることがマウスラットを動物実験で報告されています。

 

というのも、免疫細胞の約8割近くが大腸や小腸で作られているからです。
腸内フローラの理想的なバランスは、大きく分けて・・・

  • 善玉菌20%
  • 悪玉菌10%
  • 日和見菌70%

3種類がこのようなバランスで生息しているのが良いと言われています。
この腸内細菌の理想的なバランスに整えてあげる事で免疫細胞の産生量も上がって、花粉に対して過敏に反応してしまう事もなくなるというわけなんですね。

腸内フローラを改善する方法は?

腸内フローラを改善する方法は、大きく分けて6つに分けることができます。

 

代表的なものとしては…
以下のようなものがあります。

  • 乳酸菌やビフィズス菌を取る(ヨーグルトや牛乳などの動物性乳酸菌)
  • 発酵食品を食べる(納豆やキムチ、お漬物などの植物性乳酸菌)
  • 断食デトックス腸内環境をリセットする。
  • カテキンなど殺菌抗菌力の強いお茶を飲む
  • オリゴ糖や加藤等腸内細菌の餌になるものをとる
  • 適度な運動を意識して朝の蠕動運動を高める

これらの方法が代表的ですね。

 

今すぐにでも始められる簡単な方法としては、
乳酸菌やビフィズス菌など腸内細菌として働いてくれるものを摂る方法や発酵食品を食べる、お茶を飲むといった方法ですね。

 

どの方法を採っても、習慣として最低でも半年は続ける必要がありますが、
アレルギー症状が出るたびに薬で抑え込むよりはるかに健康的です。

 

さらに、アレルギー症状を薬で抑え込み続けると、身体がそれに抵抗を示さなくなり、
花粉ではなく本来防がなければならない病気にも掛かりやすくなるという恐ろしい結果にもなり兼ねません。

 

ですので、腸内フローラの改善は、健康的にアレルギー症状を解消する方法として実践したいですね。