花粉症・ハウスダスト対策|お茶・青汁・サプリ特集!

青汁 花粉症

このサイトは今現在、花粉症に悩まされている方でマスクや点眼薬、点鼻薬が欠かせない。という方に免疫力をためるための飲み物やサプリメントなどの身体の内側からの花粉症対策を提案しています。

 

青汁や青汁のサプリメント、お茶、乳酸菌サプリというこれらの広いカテゴリーの中で、症状の重さや種類に合わせて最適な選択をして頂けるように、どこよりも詳しく花粉症対策を見て行きたいと思います。

 

管理人のわたしもスギ花粉症に悩まされて来ました。

 

それが解消されたのが青汁でした。
その前までのわたしは皆さんと同じくこんな状況でした・・・

  • 春先になると鼻水やくしゃみが止まらない。
  • 意識が遠くなるほど頭が重い。
  • 目を取り出して洗いたくなるほどかゆい。
  • 市販の点鼻薬・目薬は効果が続かない。

このような花粉症に悩まされておられる方が、今も増え続けているそうです。
というのも、わたし達現代人は食生活や生活習慣全体の変化で免疫力が弱くなっているからです。

 

花粉症発生の仕組みと免疫力

免疫力が弱くなると、花粉症やハウスダストなどのアレルギー発生の原因になります。
なぜ、そうなるかというと免疫力というものはわたし達にとっては命を守るために必要なものであり、その免疫力を一定レベル以上に保っておくためにアレルギー症状が起こる仕組みになっていると言われています。
ちなみにわたし達人間の体は、一日に約5,000〜7,000個のガン細胞が発生していると言われており、そういったものから身を守るためにも免疫力低下は避けなければならないことなんですね。

 

免疫力をあげるために必要なこと

免疫力を上げるために必要なものが腸内環境の正常化と言われています。
これはなぜかというと、わたし達の身体の中の免疫細胞は全体の約7割が大腸の中で腸内細菌によって作られています。
直接、外部からの侵入者の雑菌やウィルスと闘うNK細胞や、その闘いで倒した雑菌やウィルスの死骸を片付けるマクロファージなどの細胞が腸内で作られています。
そのためには、乳酸菌を摂るだけではなく食物繊維やオリゴ糖、分解されて腸内細菌のエネルギーになるタンパク質も必要になります。
そういったものが摂れるお茶や青汁、乳酸菌サプリなどを特集しています。

 

まして、お子さんや年配の方、妊婦さん、産後の授乳期の方などは薬を飲む事も出来ず、マスクやメガネでの対策も、気休めにしかならないと感じておられる方も多いはず。
そんな花粉症・アレルギーに悩んでおられる方に、青汁での対策や予防をおすすめする理由は、後ほど詳しくご紹介します。

 

まずは花粉症アレルギー対策と予防におすすめの青汁のランキングをご覧ください。

 

花粉症対策のおすすめランキング

 

青汁 花粉症

やわたのおいしい青汁の特徴

やわたのおいしい青汁は、大麦若葉や桑の葉、ケールなどのすべての原料を国内の契約農家が完全無農薬で化学肥料なしの有機栽培の厳選素材だけで作っている青汁です。 花粉症の原因になるIge抗体を抑える力を持っているケール。 そして、花粉症だけではなくアレルギー症状の対策・予防のために免疫力をあげてくれるSOD酵素を摂れる大麦若葉。 この、二つに加えて食物繊維も豊富でお腹も内側からすっきりさせてくれます。

価格 4,100円
評価 評価5
備考 完全無農薬の安心素材を使用
やわたのおいしい青汁の総評

管理人が実際に飲んでみた感想では、昔ながらの青汁の青臭さや苦味がなく飲みやすく感じました。味は煎茶と抹茶の中間的な感じです。 少し粉っぽさを感じますが、健康のために毎日飲み続けていくと自然と慣れてくる範囲だと思います。

 
 

こどもバナナ青汁画像

こどもバナナ青汁の特徴

こどもバナナ青汁は、『子供がジュースのようにゴクゴク飲める青汁』というのが最大の特徴です。 原料は国産の大麦若葉とケールの他にバナナ果汁、ピーチ、リンゴ、グレープフルーツ、パイナップル、スーパーフードのスピルリナや国産野菜も豊富に使用。 子供は美味しくて満足、大人は豊富な栄養素が摂れて満足という青汁です。 また、大人も子供も『おいしくゴクゴク飲める』と評判で、青汁の味が苦手という方なら大人でも満足できる青汁です。

価格 5,940円
評価 評価4.5
備考 元気モニターコースで初回980円!
こどもバナナ青汁の総評

管理人が実際に飲んでみたところ『フルーティーで甘い』という印象でした。
子供のために開発された青汁というのが良く分かりましたよ♪
元気モニターコースなら2回目以降も35%OFFの3,880円で続けられます。

 
 

青汁 花粉症

白井田七。茶の特徴

白井田七。茶は花粉症対策が腸内環境を整えるためのカテキンがたっぷり摂れるという特徴があります。
さらに、テアニンというグルタミン酸のひとつが花粉症のアレルギー症状によって起こるいらいらとストレスを和らげる効果が認められています。
しかも、味がおいしいので毎日飲み続けられることで、身体の調子もどんどん上向いていくという嬉しいメリットも!
詳しくは詳細ページを読んでみてください♪

価格 3,780円
評価 評価5
備考 定期初回1,980円
白井田七。茶の総評

静岡県産の100%オーガニックなお茶を抹茶タイプのパウダーに仕立てています。 飲みやすさとカテキン・テアニンのパワーを体験した管理人も感動しました!

 
 

青汁 花粉症

ふるさと青汁の特徴

ふるさと青汁は、八丈島産の完全無農薬有機栽培の明日葉と島根県産の桑の葉、大分県産の大麦若葉という産地と栽培方法にまでこだわりまくった青汁です。 ただし、その他の青汁は本当に様々な原料を使用しているのに対して、こちらは先ほどの三つだけというシンプルさです。 ただし、明日葉の栄養価の高さはケールを上回るもので、カリウムやビタミンE、食物繊維など平均すると3倍ほどの量が摂取出来ます。

価格 3,800円
評価 評価3
備考 明日葉の栄養価の高さに注目!
ふるさと青汁の総評

明日葉の栄養価の高さと栄養バランスの良さ、桑の葉と大麦若葉を使った飲みやすさは感じますが、子供さんはどうかな・・・という感じです。 原料に使用されている八丈島産の明日葉は、ちょっと苦味を感じますが、ほんのりほろ苦い感じが、逆に身体に良いものを飲んでるぞ!という実感が得られます。

 
 

ラクトプランL-137【ハウス食品】の特徴

このラクトプランL-137は、乳酸菌を加熱処理して腸まで変質せずに届くようにしたという珍しい乳酸菌サプリです。br 実は、市販されているほとんどの乳酸菌サプリメントは、加熱処理をしていない乳酸菌を使っているため、腸に届く前に胃酸に消化されたりして大部分が壊れたり、変質してしまいます。 それを加熱処理によって強い乳酸菌にしたのがこのラクトプランL-137というサプリメントです。

価格 2,857円
評価 評価5
備考 初回半額1,429円!【期間限定】キャンペーン実施中
ラクトプランL-137【ハウス食品】の総評

ラクトプランL-137は免疫力強化に特化した特許製法の特別な乳酸菌が摂れる唯一のサプリメントです。実際にこのサプリを飲んで、風邪をひかなくなった。花粉症が楽になった。という方もいます。守る力の強さは特筆に値すると言えますね。

 

 

管理人がオススメする花粉症対策に選びたい青汁

私がこれで花粉症対策をしていたわけでは無いのですが、後々この青汁の存在を知って、「うわ、最初からこれにしとけばよかった」と本気で思った青汁です。
その青汁が「やわたのおいしい青汁」

 

すでにご覧かと思いますが、このサイトでも1番人気として紹介させていただいています。

 

私の友人はこの青汁で花粉症対策をして痛そうなのですが、彼女の花粉症シーズンが始まる半年位前からこれを飲み続けたそうです。
10年以上ひどいスギ花粉に悩まされていた彼女でしたが、シーズンが始まる前から飲み始め、シーズン中ももちろん飲み続け、その結果たまにくしゃみをする事はあったそうですが、ほとんど花粉症の症状に悩まされることなく春を超えることができたそうです。

 

また、彼女は当時妊娠中だったのですが、完全無農薬で化学肥料を使っていない有機栽培であることから、妊娠中でも安心して飲むことができたそうです。
もちろん、出産してからも飲み続けていましたが何も問題はなかったようです。
そもそもいろんな人にオススメの青汁ですが、成分の安全性やクオリティーを重視したい妊娠中や出産後の授乳中のママさんなどに対しても特にオススメの青汁と言えるのではないでしょうか?

 

なお、管理人は別の青汁を飲んでいるのですが、今飲んでるやつが終わったら青汁の種類を乗り換えようかと検討しているところです♪

 

花粉症と便秘・むくみの解消が出来る青汁

青汁で花粉症対策を行うと、便秘やむくみの解消などの副産物も産まれます。
というのも、青汁には皆さんご存じの通り、食物繊維やカリウム、カルシウムや鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。

 

これらのミネラルをバランス良く摂ることで、便秘やむくみなどの解消も出来るため、結果として腸内フローラが良くなり、免疫強化につながって花粉症対策の効果が出るという仕組みです。

 

曲がりくねった小腸や大腸のヒダなどに付着している宿便や老廃物がキレイに掃除できると、身体全体の約8割の免疫細胞を作っている腸内細菌が元気になります。

 

というのも、宿便や未消化物などの老廃物は、炭酸ガスを発生させてしまい、腸内細菌の中でも善玉菌にとって極めて活動しにくい状況になってしまうからです。

 

まずは、便秘を解消する事。そのために摂るミネラルがむくみの改善にもつながり、身体全体の巡りが良くなって、これが花粉症を引き起こす原因の免疫機能の誤作動を予防する事になるんですね。

 

ちなみに先ほどご紹介したミネラルの中でも、カリウムは体内のナトリウム濃度(塩分濃度)を排出する事で調整する働き(ナトリウム拮抗性と言います。)があるためカリウムが不足するとナトリウム量を調節するために水分を溜め込む事になります。

 

これが、いわゆる『むくみ体質』を作ってしまう原因になります。
ですので、高カリウム血症などを抱えやすい腎臓病の方を除いては、カリウムを摂る事が出来る青汁は『むくみ解消』のための必須ミネラルと言えるんですよ。

 

青汁が花粉症やアレルギーの対策になると言われている根拠

青汁が花粉症やアレルギーの根本的な対策になる。と言われても本当に?ウソじゃないの?と疑いたくなるのも当然かと思います。

 

実は、管理人も中学の頃に花粉症になってしまい、それ以来ずっと花粉の時期になると苦しい日々を送っていました。

 

そんなわたしが、青汁を飲み始めた去年から、急に花粉症に悩まされなくなったんです。
不思議に思って根拠を調べてみたところ....

 

人間の免疫細胞は80%前後が胃腸に集まっており、腸内環境を整えて善玉菌優位な状態にしてあげる事は、そのまま免疫力UPに直結するとの事でした。

 

そこでもう一つ浮かんだ疑問が、花粉症にしてもアレルギーにしても免疫力が強すぎて、
過剰に花粉やアレルギー物質に反応してるんじゃないの?免疫力を強化したら却って逆効果じゃ....?
という疑問でした。

 

ところがそれはまったくの勘違いでした。

 

免疫機能の向上は過剰反応を抑制する事はもちろん、本当の敵が体内に侵入してきた時にしっかり戦ってやっつけてくれたりと両方の意味合いを持っているとの事でした。

 

そうです。わたくし管理人のまったくの勘違いだったというわけなんです。

 

逆に、それが分かったら、何とかわたしと同じように花粉症やアレルギーに悩まされている方々に、この体験をお伝えする方法がないものかと考えてこのサイトを立ち上げるきっかけとなったんです。

 

青汁を花粉症対策で飲み始めたきっかけ

花粉症改善青汁

ただ、それ以上の驚きが3月になってから出始めたんです。
それはあれ?今年は花粉量が少ないのかな?と感じた事が始まりでした。

 

そうです。花粉症の症状が出なかったんです!念のために花粉量を調べてみたら、むしろ去年よりも多いくらいとの事。
それで気付いたんです。花粉症対策には青汁が効くんだなと思いました。

 

ここまでは管理人の個人的な感想ではありますが、せっかく貴重な体験が出来たので、これは皆さんにお知らせしない手はないな!と思ってこのサイトを立ち上げた次第です♪

 

たいした経験ではないかも知れませんが、それでも花粉症に悩んでいる方々のお役に少しでもたてればと思っています。

 

青汁による花粉症対策のメリットとデメリット

青汁花粉症対処

青汁で花粉症やアレルギーの対策をするメリットは、まず風邪を引くなどの誰でもなってしまう事がある病気の確率が大幅に減ります。

 

これは免疫力UPが出来るわけですから当然といえば当然です。
そして、さらに大きなメリットは、青汁が、無添加の良質な野菜を使って作られているオーガニックな自然食品なので、副作用の心配がないという点です。

 

飲み続ける事が最大の花粉症・アレルギーの対策になるので、生活習慣が改善されて成人病の予防など将来的な病気のリスクに対する備えにもなるでしょう。

 

お腹の調子が安定しない方や疲れやすい、または疲れが抜けない、という方にとっては体質改善にもつながります。

 

デメリットは、薬と違って即効性はないという点です。逆に言えば、だからこそ副作用の心配もなく安心なんですけどね♪

 

青汁で免疫力UPに成功すれば、中国で環境悪化が問題になっているPM2.5対策にも有効なのではないかと思います。
免疫力向上は外敵から身を守ることに直結しますからね。笑

 

どの青汁を花粉症やアレルギー対策に使うのかは、好みの話なので押し付けるのは論外だと考えています。

 

その中でわたしの役目はどの青汁を使うかを決めるお手伝いだと思います。

 

あなたが青汁で今より健康に、そして花粉症やアレルギーに悩まされる事が一日も早くなくなるようお役に立つことが出来たら幸いです。

 

花粉症対策に最適な青汁

ちょっと余談になってしまいますが、大手化粧品通販メーカーのファンケルの研究によると、青汁で花粉症対策に役立つ成分はケール(青汁の原材料として有名ですよね。)に含まれる糖脂質とフラボノール配糖体なんだそうです。

 

ですが、それはあくまで花粉症の症状の緩和に役立つ成分として鼻水、目のかゆみ、などを引き起こすヒスタミンを生成する、インターロイキン4という物質を抑制する効果があるというだけの事です。

 

そのためだけにケールの青汁でなきゃ花粉症対策にならないのか....と思い込んでしまうのはもったいないです。

 

ちなみに管理人が花粉症対策に飲んでいる青汁は、ケールの青汁ではありません。
つまりケールに含まれている成分がどうとかいう小難しい話は忘れた方が良いという事です。

 

どの青汁を花粉症やアレルギーの対策に使うのかは、一度完全に頭をリセットしてから選んだほうが良いです。

 

さらにもう一つ。
中学生の頃から花粉症に悩まされていた管理人が、青汁を飲み始めたきっかけが、花粉症対策を意識したものではなく、便秘解消とダイエットのために飲み始めたんです。

 

そうこうするうちに、花粉症の症状が出ない事に気が付いたというわけです。そこで気付いたのが青汁は花粉症対策に効果があるんだ!だったんです。

 

花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピーなどの、不快な症状に悩んでいるなら、一時的な対処療法から、青汁の根本的な体質改善に切り替えてみませんか?
きっと健康の大切さに改めて気づかされる事になると思いますよ。

 

ケールの青汁が花粉症に効果的ってほんと?

最近ケールの入った青汁が花粉症に効果的と話題になっています。
少し前にも話しましたが、ケールの成分の中には、フラボノール配糖体、糖脂質と言うこの2つの抗アレルギー成分があることが分かっています。
だからこそケールの青汁が花粉症に効果的と言われているんですね。

 

なお、青汁と言う形でなくても良いんじゃないの?と疑問に思った方もいるかと思いますが、ケールと言う野菜は、ほとんど青汁にしか使われていないそうです。
だからこそ選択肢に青汁があるわけですね。

 

また、青汁そのものにたくさんの食物繊維が含まれており、これがまた免疫力向上にサポートしてくれます。
腸内環境を整えて免疫細胞を活発化させることができるため、ケールの青汁をチョイスすればより高い花粉症対策のサポート効果が期待できるのです。

 

ケールはどんな野菜?他にどんなメリットがあるの?

ケールはアブラナ科の野菜になります。
また、キャベツの原種とも言われています。また、ケールの評価としては、数多くある緑黄色野菜の中でもトップクラスの栄養価を誇ると言われています。
日本では青汁のイメージが強いですが、ヨーロッパなどではかなり身近な野菜の1つとしても知られています。

 

味の特徴としては、独特の苦味です。
一昔前までは青汁=苦くてまずいイメージが強かったのですが、その犯人がこのケールだと言われています。

 

そんなケールには、ビタミンEや食物繊維なども豊富に含まれていることから、動脈硬化を予防したり血糖値の上昇を防いでくれたり、活性酸素による身体の衰えを防いだり、コレステロールコントロールなど、体の健康に対してさまざまな働きが期待されています。
また、便秘改善効果も期待されており、体臭改善やアンチエイジング効果などの美容面などでも注目されているんです。

 

ケールの青汁を飲んだらすぐに花粉症は治るの?

これについて気になっている方も少なくないでしょう。
実際に私はケールの青汁で花粉症の症状ほとんど感じなくなりました。
20年間近く花粉症に悩まされていたので、ずっと薬を飲んでいた私にとってはかなり衝撃でした。
実際に私の周りにも青汁を飲んで花粉症が治ったと言う人は何人かいます。
私の場合はスギ花粉で毎年2月から5月あたりまで花粉症に悩まされていましたが、花粉症シーズンが訪れる前の夏から冬にかけて継続的にケールの青汁を飲んでいました。
そこで迎えた春に花粉症の症状を感じなかった。と言うような流れで、私の友人もそんな感じでした。
なので、どのくらいの期間青汁を飲み続ければ効果が現れるのか。と言われると人による部分があると思いますし、一概には言えませんが、一般的に言われているのは、花粉症のシーズンが来る数ヶ月前にケールの青汁を飲む習慣をつけるのが良いと言うことです。

 

また、ケールの青汁はこういった効果が期待されて注目されていますが、お薬ではありません。
どちらかと言うと体に良い成分を継続的に摂取し、だんだんと体質を変えていく。というイメージです。
なので長期戦であることを覚悟するのと、効果のタイミングや実感の度合いには人それぞれ違いが出ると言うことを知っておくと続けやすいかと思います。

 

花粉症の人は動物性タンパク質を避けるべき?

実は動物のお肉や魚などのいわゆる動物性タンパク質というのは、摂取しすぎるとアレルギー症状が発生しやすいと言われています。
ここで注意したいのが、青汁の飲み方です。
中には牛乳で青汁を溶かして飲む方もいらっしゃるかと思いますが、牛乳にはたくさんの動物性タンパク質が含まれています。もちろん、牛乳を飲んではいけないわけではありませんが、花粉症対策としてケールの青汁を飲むのであれば、牛乳の量をほどほどにするか他の方法で青汁を溶かして飲む。これをお勧めします。