青汁でアレルギー反応を起こす人はいる?

花粉症であれ、なんであれ一度でもアレルギー反応を起こした人にとってはアレルギー反応は怖いものです。
たとえばアナフィラキシーショックのような急性で危険なものでなかったとしてもです。

 

青汁を花粉症対策としてオススメしている当サイトですが、
青汁の原材料の中にアレルギー反応を起こす方がいないとは限りません。

 

もちろん、青汁は化学合成で作られたものではありませんから、身体に良いものである事は基本的には変わりがありません。

 

ですが、例えば小麦やタマゴアレルギーのようにショック症状を起こさないとも言い切れないので、
もし青汁を花粉症対策で飲み始める前に気になる方は、自分が飲もうと思っている青汁の原材料名を控えて医師の相談を受けた方が無難でしょう。

 

一度でも、この原材料が自分にとってはダメなんだという事が分かってしまえば良いのですが、
それには実際に飲むよりも自分が飲もうと思っている青汁のメーカー公式サイトなどで、原材料を確認するのが一番安全です。

 

ただし、アレルギーについては食材の種類ごとにあり、食物アレルギーについては病院で検査を受けることでも分かります。
また、多くの方が食物アレルギーについては経験上、自分にとっては食べない方が良いものとして記憶されているかと思います。

 

例えば、鶏卵や牛乳系、大豆や小麦のアレルギーについては代表的な食物アレルギーとして有名です。

青汁で心配の必要のないアレルギー

青汁では、食物アレルギーとして有名な原料が使われているものはほとんどありません。

 

唯一、小麦若葉や燕麦を使っている『ベジパワープラス』は小麦系アレルギーを持っている方は避けたほうが良い青汁と言えるかも知れません。

 

ただし、原料の配合バランスによっても食物アレルギーは起こらない場合もあるので、あくまでも知識として知っておく程度にとどめておいた方が良いでしょう。
というのも、あまり神経質になり過ぎるのも、却ってアレルギー反応を心因性の要因で起こしてしまう火種になってしまいかねないからです。